今年の7月6日にギタリストのジョアン・ジルベルトさんが亡くなりました。88歳です。僕はボサ・ノヴァについてよく知りませんが、それでもさすがに1963年に録音された名盤「ゲッツ/ジルベルト」は持っていて、時々聴きます。

この「ゲッツ/ジルベルト」は第7回グラミー賞(1964)にて、最優秀アルバム賞を受賞、シングルカットされた「イパネマの娘」は最優秀レコード賞を獲得しました。このときノミネートされたシングル盤は「ハロー・ドリー」(ルイ・アームストロングさん)、「抱きしめたい」(ビートルズ)、「恋のダウンタウン」(ペトゥラ・クラークさん)、「ピープル」(バーブラ・ストライサンドさん)という錚々たる顔ぶれです。この中で見事に「最優秀」になったのですから、いかに「ボサ・ノヴァ」が評価されていたかが分かります。ヒット・チャートでも、「ビルボード誌」の7月に「イパネマの娘」は5位まで上昇、このとき前後にいたのは「フォー・シーズンズ」「ビートルズ」「ビーチ・ボーイズ」「デイヴ・クラーク・ファイヴ」「ジャン&ディーン」など。ブリティッシュ・インヴェイジョンとサーフ・ミュージックが席巻しているときに「ボサ・ノヴァ」が割って入ってくるのだから、この頃の音楽シーンは面白いですね。ちなみにシングル盤「イパネマの娘」はスタン・ゲッツ&アストラット・ジルベルト名義。ヴォーカルのアストラットさんは当時のジョアン・ジルベルトさんの奥さんです。

僕は「ボサ・ノヴァ」の創始者であるジョアンさんについても、よく知らなかったのですが、ちょうど『ジョアン・ジルベルトを探して』(2018 ジョルジュ・ガショ監督)というドキュメンタリー映画が公開されたので観に行きました。今、「ドキュメンタリー」と書きましたが、「紀行」であり「ミステリー」的でもあるちょっと変わった作品です。ジョアン・ジルベルトさんという方は極度の人間嫌いで、完璧主義者。こもって曲を作り、10年以上も公の場所に姿を現さず、家族ですら容易に連絡をとれないのだそうです。以前、ジョアンさんについての本を書こうとしたドイツ人のマーク・フィッシャーさんというライターがジョアンさんに会いにブラジルに行ったけれど、結局会うことはかないませんでした。さらに、その本を出す一週間前にマークさんは自殺したということがあったのです。

この映画のガショ監督はマークさんの本を読み、その遺志を継ぐようにマークさんが辿った道を映画で追っていくのです。行く先々、ジョアンさんの元妻、馴染みのレストランのコック、果てはジョアンさんの通っていた床屋さんに行って自分も髪を切ってもらったりして話を聞きます。皆、ジョアンさんのことを語りますが、断片的で核心に至りません。そうしているうちに監督は「自分はジョアンを追っているのか、マークを追っているのか……」と自問しはじめます。この辺、マークさんの跡を辿るうちにと次第にマークさんが憑依していくようで面白かったです。結局ジョアンさんには会えずに映画は終わります。

僕は「ボサ・ノヴァ」というと、サンバの洗練した形というぐらいに思っていたので、軽やかに作り演奏していたのかと思っていましたが、1日12時間以上ギターの練習し、厳しく自分を追い詰めて曲を作っていたと知りました。そんなジョアンさんの作り出した曲がすべてと思えば、このドキュメンタリーがジョアンさんに会えず神秘を残したのは結果的に良かったのかもしれませんね。

「ボサ・ノヴァ」の創始者として、数々の名曲で世界中の人々を楽しませてくれたジョアン・ジルベルトさんのご冥福を心よりお祈りいたします。(ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!