今年の7月14日に、明日待子さんが亡くなりました。現在は日本舞踊のお師匠さんとして活動されていた明日待子さん、99歳ですから大往生といっていいですが、『ムーランルージュの青春』(2011 田中じゅうこう監督)に出演されていた時点で90歳を過ぎていた明日待子さんはとても若々しかったので、(冗談でなく)あと20年は生きておられると思っていました。とても残念です。

明日待子さんは、朝ドラ『なつぞら』にも登場した娯楽の殿堂「新宿ムーランルージュ」に所属する女優でした。当ブログ201610月2日「元祖・会いに行けるアイドル」にも書きましたが、当時の若者たちが明日待子さんを観に、「新宿ムーランルージュ」に押し寄せたのです。まさにAKB48などの元祖なのです。劇場に来た学徒出陣する学生たちを励まし、ひとりひとりと握手したというエピソードも有名です。このことについては、ハピイさんが当ブログ201610月1日「明日待子健在」で詳しく書いておられますので、ご一読ください。(イラストも有り)当時、明日の命も分からないような若者たちにとっては一生の思い出となったでしょう。そして、その面影を胸に戦地で命を落としてしまった方もいるでしょう。彼らに接した明日待子さんは昭和という時代を生で体感した貴重な存在だったのです。二度と若者の未来を奪うような世の中になってほしくありません。しかし、今また、「戦争で領土を取り返すしかない」とかとんでもない発言をする議員がいる危うい時代になってしまいました。

初代カルピスのCMガールをはじめ、数々の商品のポスターにも起用された明日待子さん、まさに戦前のトップアイドルだったのです。当ブログ2019年5月21日に書いたように「京マチ子」さんの芸名の由来とも言われていますが、奇しくも同年に鬼籍に入られることになってしまいました。1920年(大正9年)に生まれ、昭和10年代に多くの人たちが憧れた元祖アイドル、平成、令和と生き抜いた明日待子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!