9月14日、元・阪神タイガースのジーン・バッキー投手が亡くなりました。82歳、故郷のルイジアナ州で息を引き取られたそうです。一昨日の当ブログに「追悼・鎌田実さん」を書いたばかりですが、タイガースのレジェンドの訃報が続きますね。「猛虎」編集長のハピイさんの心中、お察しいたします。

僕のバッキー投手の印象はとにかく「でかい」ということです。今でこそ、外人ピッチャーは各球団にたくさんいて見慣れましたし、日本人も大谷翔平選手のような体格の選手がでてきましたが、当時はこっちも子どもだったせいか、とんでもなく大きなピッチャーという感じがしました。(当時のバッキーさん、193cm)

大学在学中にマイナー・リーグに入ってメジャー・リーガーを目指していましたバッキー投手ですが、芽が出ず解雇されてしまいます。ハワイのチーム(当時あったんですねえ)に在籍していたバッキーさん、すでに結婚もされていたのですが、ルイジアナに戻るお金もありません。困っているところにハワイ日系人から誘われ「ハワイ朝日軍」というセミプロチームに加入、そこから日本のプロ野球に紹介してもらうチャンスが生まれたのです。阪神のテストを受け、1962年7月に入団。外人選手といっても、鳴り物入りというわけでなく、テスト生だったのです。契約金なし、月給は3万円だったそうです。奥さんを呼び寄せ、甲子園裏の安アパートで暮らし始めます。雑誌に載っていた写真で見たことがありますが、本当に庶民が暮らすアパートという感じで畳の部屋で寝転がっているのが窮屈そうでした。自転車で甲子園球場に通っている姿がお馴染みだったといいますから、広島のエルドレッド選手の元祖ですね。一番困ったのは、和式トイレだったそうで、バッキーさんのような大男が膝を曲げてふんばるのは苦しかったでしょう。(昭和は洋式トイレってめったになかったもんなあ! 僕なんかたまに洋式に入ると落ち着かなかったよ)

遠征先でもチームメイトと一緒に日本旅館に泊まりツンツルテンの浴衣を着て布団にくるまって寝るなど、そんな慣れない生活をしながら必死に頑張ったバッキーさんは、2年目に8勝、そして3年目には29勝9敗、防御率1.89という見事な成績で最多勝、防御率1位、外国人投手初の沢村賞も受賞します。この1964年のタイガース優勝に貢献しましたが、MVPはとれませんでした遠征先でもチームメイトと一緒に日本旅館に泊まりツンツルテンの浴衣を着て布団にくるまって寝ていました。当時の日本記録、55本のホームランを放った王貞治選手がMVPをさらいました。途中入団とはいえ、1年目の1962年は0勝3敗。今だったら、すぐクビだったでしょうが、球団上層部もバッキー投手の能力の可能性を見い出し「育てよう」という方針だったのでしょう。バッキーさんの陽気な性格、練習熱心な姿勢があったのは言うまでもありません。ハワイから帰るお金もないところから拾ってもらい、必死だったのです。このハングリー精神、今年「貧打解消」のため阪神に途中入団したあげく「モチベーションが出ない」と1軍昇格拒否し、退団したソラーテ選手に見習ってほしかったですね。

それはともかく、タイガースのエースとなって100勝をあげたバッキー投手、101勝目を目指したジャイアンツ戦で王選手への危険球をめぐり、荒川博コーチと乱闘、殴ったときのケガが元で選手生命が終わったのは残念でした。たしか、最初に手(いや足か)を出したのは合気道の達人・荒川博コーチだったのですが、これがなかったら、まだまだ勝てたのに……。この「運命の日」が1968年9月18日です。今日はあの日から51年目です。

翌年、近鉄バッファローズに移籍したバッキー投手ですが、0勝7敗に終わり退団、帰国となりますが、吉田義男さん、遠井吾郎さん、山本哲也さん……など阪神時代のチームメイトが入れ替わり立ち代わり、毎日のように送別会をしてくれたそうです。仲間に愛され、ファンにも愛されたジーン・バッキー投手のご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!