女優の沢尻エリカさんが麻薬取締法違反で逮捕されました。沢尻エリカさんというと、「別に」発言などで「エリカ様」と呼ばれ、お騒がせ女優というイメージがありましたが、ここ最近は女優として評価されてきていたので残念です。僕も今年9月に『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019 蜷川実花監督)を観ました。

しかし、僕にはやはり、「エリカ様」になる前、『パッチギ!』(2005 井筒和幸監督)のキョンジャ役が忘れられません。主人公が好きになって、何とか「川」を超えようとするのも納得というヒロインぶりでした。『パッチギ!』は僕の大好きな映画でもありますが、沢尻エリカさん、本当に可愛かったなあ! (『パッチギ!』については当ブログ2018年4月2日、3日、4日に書きましたので、どうぞお読みください)

だからと言って、今回逮捕された沢尻エリカさんを擁護するわけでは決してありませんが、この逮捕劇、あまりにタイミングが良すぎませんか。ちょうど、民主主義の破壊者・アベ晋ゾーの「桜を見る会」の疑惑が深まっている時に、ワイドショーのトップをかざるような芸能人のスキャンダル。どう見たって、政権が警察に指示したように思えますねえ。これで、国民の関心をそらせて、廊下でぶら下がりに応じてモゴモゴと言ってごまかしゃ、そのうちほとぼりがさめるぐらいに思っているのが見え見えです。前にも、モリカケの時に告発しようとした前川喜平さんに対して、「出会い系バー」の情報を新聞に掲載させるなどやってますからね。アベ晋ゾーがよくほざく「印象操作」とはアベ自身の得意技なのです。こういう黒い首相にとっては、タイミングをはかって芸能人を逮捕するなんてことは朝飯前でしょう。次から次へと、都合の悪い真実が出てきて、「よし、ここで芸能人を逮捕だ!」となったのでしょう。田代まさしさんみたいな人ではインパクトが弱いから、初もので行こう!とか相談していたのだと思います。

土曜日にTBSの「新ニュースキャスター」を観ていたら、沢尻エリカさんが逮捕される前日の夜に撮った映像が流れていて驚きました。どうも、「逮捕される」という情報があって張り込んでいたらしいのですが、この情報、どこからリークされたのでしょうか? 内閣調査室あたりが画策してテレビ局を利用したんじゃないですかね。これで、沢尻さんのニュースで「視聴率がとれる!」とワイドショーがこの話題一色になってしまうとしたら、メディアの責任も重いですね。アベ率いるクソ政権の思うツボになっていて、それで報道と言えるのかね。権力のチェック機能を果たしてこそのメディアじゃないんですか。

そして、国民も決して忘れないことです。モリカケ、公文書の廃棄、改ざん……普通ならもう2、3回政権が吹っ飛んでもおかしくない事態が続いているのを忘れてはいけないのです。血税をジャブジャブ使って自分の支持者に大盤振る舞いのエコひいき。それで招待者名簿は廃棄しただってよ。また同じことを繰り返しているこの税金泥棒を追求することを忘れてはいけないのです。沢尻さんは麻薬取締法違反ですが、アベ晋ゾーは「公職選挙法違反」「政治資金規定法違反」「虚偽答弁」……です。さあ、どっちが大事か、考えてみよう!  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!