当ブログ12月5日で取り上げた『あした晴れるか』(1960 中平康監督)は、現在開催中の池袋新文芸坐「芦川いづみ映画祭」で今日、上映です。日替わりプログラムなので今日一日しか上映しませんので、時間のある方はお出掛けください。本当に、こんなモダンでスピーディな洒落たコメディがあったのか!と思うはずです。そして眼鏡っ子の芦川いづみさんの様々な表情が本当に楽しめるのです。特に、石原裕次郎さん、西村晃さんと中華料理店に行き、ウソ泣きしたあと、こっそり舌をペロッと出すシーンの芦川さん、そのキュートな表情が忘れられません! 併映は『堂堂たる人生』(1961 牛原陽一監督)で、こちらの芦川さんも勝気でやり手の下町娘を演じて『あした晴れるか』の系譜の役ですし、純情可憐な芦川さんのアナザー・サイドを堪能できると思います。

そして、芦川いづみさんのまぎれもない代表作『硝子のジョニー 野獣のように見えて』(1962 蔵原惟繕監督)が明日、1210日に上映です。こちらは、一転、シリアスな人間ドラマです。芦川さんが演じるのは、少し知恵遅れの女の子「みふね」。北海道の何もないような貧しい村から売られていくところから始まります。タイトルバックで、この「売られていく」ため列車に乗せられているシーンの芦川さんの表情、ここを観ただけで「あ、これは名作だ!」と分かります。映像、演出に力が入っているのが伝わってくるのです。芦川さんも、あとで作品を観て、この冒頭で「自分でも泣いてしまった」ほどだったとおっしゃっています。もう完全に「みふね」に成りきっている感じなのです。

「みふね」は難役だけれど、「脚本をもらって即やります!」と答えた芦川さんは、家に帰るとき歩きながら「普段からみふねになれる」ようにイメージを膨らませていたそうです。それぐらい撮影前から役に入りこんでいたといいます。そして、撮影台本の上部には「みふね」の気持ちを「色分け」する工夫をして臨んでいたといいます。蔵原監督も、芦川さんに「今日のみふねは何色?」と訊いてきて「今日はブルーからグレイです」という風に答えたり、そのシーンのみふねの心のイメージを「色」で考えていたといいます。そのかいあって、撮影初日から、蔵原監督のイメージと芦川さんの演技がばっちりと合っていたといいます。

売られた「みふね」が逃げ出し、競輪の予想屋をやっている粗野なジョー(宍戸錠さん)と出会い、共に旅をすることになります。そこに「人買い」の男(アイ・ジョージさん)もからみ……。みふねとジョーのくだりは、フェリーニの名作『道』(1954 フェデリコ・フェリーニ監督)を思わせますが、あの名作にも劣らない映画であります。北海道の広大な風景をモノクロのシャープに捉えた映像が素晴らしく、そして何と言っても、芦川さんの渾身の演技が感動的です! ちなみに、芦川さんのご主人の藤竜也さんは、普段あまり過去の作品について感想言ったりしない方なのに、この作品については「頑張ったんだね」と芦川さんに言ったそうで、それも嬉しかったそうです。

まさに名作。是非、明日、新文芸坐の大きなスクリーンでご覧ください! (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!