今日は1214日、赤穂浪士討入りの日であります。僕も古い日本人なので、「忠臣蔵」の物語には親しんできました。ああ、豪華オールスターの「忠臣蔵」映画が観たいなあ。僕としては、片岡千恵蔵さんが大石内蔵助を演じた『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』(1959 松田定次監督)や松本幸四郎さんが内蔵助に扮した『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(1954 大曾根辰夫監督)といった途中休憩の入るような長尺の映画がいいですね。普段は長尺映画に腰が引ける僕ですが、「忠臣蔵」はいろいろなエピソードをたっぷりと盛りこみ、「討入り」という大団円に向かっていくというのが好みです。テレビでは、だいぶ前になりますがテレビ東京がお正月に12時間ぶっ通しの時代劇で「忠臣蔵」をやったことがあり、これは良かったです。中村吉右衛門さんが大石内蔵助役で、さすが幸四郎さんのご子息、貫禄のある名演でした。

そう、内蔵助だけでなく、お馴染みの役を誰が演じるかというのもオールスター映画の楽しみでしたね。各映画会社が自社のスターを総動員するわけですから。前述の『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』では中村錦之助さんが浅野内匠頭を演じましたが、のちに萬屋錦之介さんとなってから『赤穂城断絶』(1978 深作欣二監督)で大石内蔵助役になったときは感慨深かったでしょうね。大石役というのはそういったスターのステイタスでもあるのです。大映の『忠臣蔵』(1958 渡辺邦男監督)では長谷川一夫さんが大石内蔵助、浅野内匠頭を若手だった市川雷蔵さんが演じました。勝新太郎さんは赤垣源蔵役でした。雷蔵さんが夭逝せず、大映も倒産しなければ、雷蔵さんの内蔵助も観れたかもしれなかった……と思うと残念です。

12月2日の当ブログに書いたように、すこしでも「忠臣蔵」気分をと思って『決算!忠臣蔵』(2019 中村義洋監督)を観ましたが、大石内蔵助が堤真一さん、浅野内匠頭が阿部サダヲさん、堀部安兵衛が何と!荒川良々さんといったキャストです。「忠臣蔵」の変格で一種のコメディで、「討入り」場面もなく(不破数右衛門役の横山裕さんの殺陣シーンが少しありました)、徹底的に「金銭面」に焦点を当てた一種のコメディですが……。今、まともに「忠臣蔵」を撮ろうとしても見合った役者が揃わないかもしれませんね。

ところで、この『決算!忠臣蔵』は、実際に大石内蔵助が残した「決算書」を基にして今の金額に換算して「討入り」までに藩のお金がどれぐらい使われたかを描いています。ちゃんと、記録を残していたからこそ歴史をひもとくことができるのです。それにくらべて、現代の詐欺師首相は、税金を使った公的行事に招いた人の名簿を公表せず、追及されそうになるとシュレッダーにかけ、データも復元できないと言い張っています。それで「適切」だと言って何の説明もしないのです。「モリカケ」の時もそうでしたが、公文書をさっさと廃棄したり、あげくは改ざんしたり、「歴史」を伝える国の知的財産をないがしろにしているのです。のちの人たちに残すべき「公文書」を軽視して、どの口が「美しい国」と言えるんですかね。とても「日本」や伝統を大事にしているとは言えません。これは民主主義国家を破壊する所業です! そうか、アベ晋ゾー自身とその一派が「反社会的」組織だったのか! だから自分のお仲間を「桜を見る会」に呼んだのですね。納得です。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!