槙原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されました。過去にも逮捕、有罪になったことがありましたので、やはり断つことができなかったのか……と残念です。もちろん法を犯したわけですから、罰を受けるのは当然のことです。責任あるひとりの大人として言いわけできないと思います。

しかし、報道を見ると、逮捕は2年前の薬物所持に関してとのこと。なぜ、「今」なのか? もっと早く逮捕しなかったのはどうしてなのかというのは疑問です。やはり、これは、沢尻エリカさんと同様、政権の都合による「そらし」逮捕だと思います。(当ブログ20191118日「沢尻エリカさん逮捕とアベ晋ゾーの陰謀」をご参照ください)

甘利が大臣室で金銭を授受した一件が明るみになったときに、清原和博さんの逮捕がありました。また、ピエール瀧さんが逮捕されたときは、ちょうど沖縄で「県民投票」があり、辺野古基地反対が圧倒的多数だったあとです。共産党の宮本徹議員が「桜を見る会」の招待者名簿の開示を請求したのに、「その日」に内閣府がシュレッダーで破棄、内閣府幹部が「すでに廃棄した」と答えたのが5月21日。その翌日22日に田口淳之介さんと小嶺麗奈さんが逮捕されたのです。その「桜を見る会」をめぐる問題が大きく取り上げられた時期に沢尻エリカさんの逮捕。これらのタイミング、あまりにも出来過ぎです。政権がピンチになると、国民の関心をそらすように芸能人を薬物違反でパクる。これだけ続くと、何かあると思うほうが自然であります。

そして、通常国会が始まり、依然「桜を見る会」の追及が続き、IR汚職、ポンコツ大臣のしどろもどろ答弁、ウソつき首相・アベ晋ゾーも感情的になって暴言を吐いたり

……いよいよ政権の「不都合」が沸騰してきたときに、槙原敬之さんの逮捕……もう間違いありませんね! 権力という奴は自分たちを守るためには手段は選びませんから。しかも、脱法総理のアベ晋ゾーです。検察をベッタリくっつけている暗黒政権ですから、タイミングをはかって逮捕なんてお手のものでしょう。アベノウィルス(🄫週刊新潮)は日本中を覆ってしまっているのです。全く怖ろしい国になったものです。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!