3月18日の当ブログ「やまゆり園殺傷犯とアベ晋ゾーは同類」でも書きましたが、コロナウィルスの感染拡大のため「一斉休校」の要請を出したとき、アベは「100人のうち重症化が20人いても10人は回復するし、残りは老人と病気持ちだから安心してください」と言いました。まるで、「100人のうち、亡くなっても10人。しかもそれは老人だから」と言っているようなものです。本来なら、そういった重症化の心配があるお年寄りや持病をある人など弱い立場を気にするべきだと思いますが、この選民主義の総理には頭の片隅にもそんな思いはないようです。さすがは、「生産性がない」とか「高齢者は歩かない」などと発言する議員を抱えている党のトップに立っているだけのことはありますね。「やまゆり園」で45人もの入所者を殺傷した植松被告と考え方の根っこは同じように思えます。

少し前ですが『仮面病棟』(2020 木村ひさし監督)という映画を観ました。病院を舞台にしたミステリー作品です。元は精神病棟だったという古い病院に、ピエロの仮面をかぶったコンビニ強盗が人質(永野芽以さん)を連れて闖入します。永野さんは犯人のために傷を負っていて、その手術をたまたま当直医を変わった坂口健太郎さんがさせられます。看護婦たち(江口のりこさん、内田理央さん)も怪しいし、思わぬことに巻き込まれてしまった坂口さんは「この病院には何かある……」と深まる謎に挑みます。

ミステリー映画なので、これ以上書くとネタバレになってしまいますが、この病院の院長というのが悪い奴(高嶋政伸さんが演じています。この方は最近、悪役ばかり

ですね)ということは、まあ書いても大丈夫かな……。念のため、未見の方はこの後の文章にご注意ください。

この院長、身元不明の患者から臓器を勝手に取り出し、政治家とか金持ちの患者に移植するということを裏でやっているのです。高嶋院長は全く罪の意識もなく、「それが正義なんだ! 今のまま高齢者ばかりになったらどうなるんだ? この国は終わりだ」なんてことを言い放ちます。全くトンデモない医者ですが、上に書いたアベ晋ゾーとその部下の発言を聞くと、フィクションと思えなくなってきます。実際、「生産性」なんて言い方で人間を値踏みする奴がいるわけですから。「人生100年時代」なんて言って、アベ晋ゾーは「役に立たない高齢者」は淘汰するぐらいのことを考えているような気がします。この狂った独裁者が支配するディストピアのような国で、いつ現実になるか分かりません。いや、すでにそうなっているかも……。

ラスト、坂口健太郎さんは「奪われていい命なんてないんだ! 捨てていい命なんてないんだ!」と言うのが救いです。この言葉をスギタ水脈、マツカワるい、そして天下の極悪首相アベ晋ゾーに聞かせたいものです。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!