ひとつ前の当ブログに書いたように、『Fukushima 50』(2020 若松節朗監督)は、原発事故にも直面した福島の被災民に寄り添うどころか、「オリンピック・パラリンピック」のプロパガンダ的な酷い映画でした。

ただひとつ、内容とは全く関係なく良かったのは、この『Fukushima 50』を観た近所のシネコン(自宅から徒歩5分)でついにビンゴ!だったことだけです。どういうことかっていうと、このシネコンは12館ありまして、当然ながら、その日、どの映画が何番館で上映しているかはチケットを買うまで分からないのです。それが、1から12まで揃ったのです。

このシネコンが始めた「ポイントカード」に入ったのが昨年2019年9月12日。それまでもポイントカードはありましたが、授業員の方にスタンプを押してもらうアナログ仕様でしたが、新しい磁気カードのものになったのです。そこから何本か観ていくうちに、なぜか「10番館」で観る機会がないことに気づき、以後行くたびに「今日は何番館だろう?」と気にするようになっていたのです。しかし、なかなか「10番館」にあたらず、ついに年が明け、2020年になってしまいました。そして、ついに3月11日、「東日本大震災」の日だから関連する映画でも観ようと選んだ『Fukushima 50』が「10番館」! ビンゴが完成したのです!

9月12日のポイントカード更新からここまでちょうど半年かかり、45本目で達成しました。以下、そこまでに観た映画です。

 

1番館:『男はつらいよ お帰り寅さん』、『ロマンスドール』

2番館:『記憶にございません!』

3番館:『ロケットマン』、『人間失格 太宰治と3人の女たち』、『劇場版 そして生きる』、『楽園』、『前田建設ファンタジー営業部』、『フォードvsフェラーリ』

4番館:『真実』、『カツベン!』、『リチャード・ジュエル』、『Last Letter』、『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』、『グッド・ライアー 偽りのゲーム』、

    『キャッツ』

5番館:『引っ越し大名』、『イエスタデイ』、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

6番館:『蜜蜂と遠雷』、『スペシャル・アクターズ』、『最高の人生の見つけ方』、『影踏み』、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』、『ジョジョ・ラビット』、

『グッドバイ 嘘から始まる人生喜劇』

7番館:『決算!忠臣蔵』、『mellow

8番館:『AI崩壊』、『カイジ ファイナルゲーム』

9番館:『アイリッシュマン』、『パラサイト 半地下の家族』、『記憶屋 あなたを忘れない』、『仮面病棟』

11番館:『見えない目撃者』、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』、『ジョーカー』、『風の電話』、『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』

12番館:『アイネクライネナハトムジーク』、『宮本から君へ』、『ひとよ』、『マチネの終わりに』、『屍人荘の殺人』

 

そして『Fukushima 50』が「10番館」となりビンゴです。別に、1~12を制覇したからといって何の特典もありません。単なる自己満足ですが、達成感があります。このポイントカードは6回鑑賞で1回無料になるのですが、この間、6本無料で観ました。また、ここは55歳以上は1100円と、シニア料金1200円というのが多い他館と比べてもお得なのでよく来るのですが、シネコンというのは、ちょっと観客の「入り」が悪いと、すぐ上映回数が減ったり、打ち切られるので油断できません。次にビンゴを完成させるのはいつになるでしょうか。ちなみに『Fukushima 50』を観た2本あとに『星屑の町』(2020 杉山泰一監督)が「10番館」でした。あれだけ出なかった「10番館」が続くとは……そんなもんですね。 (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!