自由軒風カレーチャーハン
 とあるお昼の時分時、在り合わせの野菜でやっつけカレーチャーハンをこしらえました。
タマネギ、ニンジン、ササゲを細かく刻み、カレー粉で炒めつけました。
肉類が枯渇していたので、仕上げに、えいや、卵を落としました。
 ちょいと、小説「夫婦善哉」に出てくる大阪のカレー屋「自由軒」ばりに。
 味付けに塩レモン以外に醤油も少々入れます。
 それと、新宿三丁目の中華料理屋「花彫酒店」謹製の辣油もかけめぐらせます。
花彫酒店辣油
この、辣油は絶品です。味・風味についてあえてたとえませんが伊勢丹でも売っているので百聞は一味にしかずを実践してください(ステマではありません。堂々強制します)。
 ともあれ、この日、印度と中国は見事に融合し、三国一の味をかもしだしていました。

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!