舛添
masuzoe2

新都知事が初登庁。しっかり仕事して任期をつとめてほしいものです。50億もの費用がかかる選挙をたびたびやられてはたまったもんじゃないし。さて、今頃、前都知事は湯河原の別荘のお風呂でゆったり足を伸ばしているのかもしれませんが、俳優に転身したらいかがでしょう。都知事になる前から、「悪役顔だなー」と思っていたのですが、一連の会見を見て、ますますその思いを強くしました。蛇のようにしぶとく、自分の利益のためには手段を選ばない悪役をやらせたらピッタリでは。かつて昭和の映画では東大卒、中退の俳優が悪役として個性を発揮していました。渡辺文雄、神田隆、天本英世、南原宏治、成田三樹夫(中退後、山形大)…その系譜を受け継いで、冷酷なインテリ悪玉として「大の目的のためには少々の犠牲はやむをえないのだ」なんてセリフを放ってもらいたいものです。 (ジャッピー!編集長)
 悪役レスラー

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!