木場しめかざり
  年の瀬もおしつまると、かつての木場では正月のよそおいへの支度をしました。表通りに立てかけている納屋の材木をきれいに並べ変え、しめ縄をつけます。この写真は一部分ですが、各お店が一斉に飾りかけるので、その様は壮観でした。
 この写真も写真集「木場ー昭和48年の風景」(東京木材同友会刊、限定1000部)からの毎度の無断借用です。芝田松吾さんという方が撮りました。一般の方々の撮った木場のスケッチ写真を集めたものなのです。今となっては昔の木場を伝える数少ない資料のひとつです。
 木に節があるように、日々の暮らしにも節をつけたのでしょうか。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!