ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

暮らしの手帳 (料理・生活グッズ・部屋 etc)

「水を買う」ことについての雑感

昨日の当ブログで、昭和の懐かしい言葉「鉄管ビール」を取り上げましたが、僕が子どもだった頃は「水を飲む」といえば水道から出てくるものを飲むのが当たり前でした。蛇口をひねり、コップに注いで、あるいは蛇口に口を近づけて直接ゴクゴクと。誰にとってもそれが普通でありました。imagesmizu
それが今では、スーパー、、コンビニ、自販機で「水」が売ってる世の中になりました。いったい、いつ頃からこうなったのですかね? 少なくとも僕が初めて日常的に「水」が売っているのに気づいたのは、社会人になってだいぶ経ってからでした。
昔もミネラルウォーターというものは存在していましたが、それはどこか高級なバーやスナックでホステスが水割りを作るときに使うもの、という認識しかなく、日常とはかなり遠い存在でした。それが今や、いろんな種類の「水」が売っており、「飲み水」というと「売られている商品」というのが定着しているようです。平成世代なんかは、生まれたときから「水=買うもの」と普通に思っているかもしれませんね。そんなに「水道水」がまずいとも思えないし、衛生面でみても昔よりクリーンだと思うのに……結局、資本主義が進行して「売るもの」を作り出しているのだろうな。健康や不純物への意識を過敏にさせて「水」を買わせる。何かしらの価値をでっちあげてモノを売る。したり顔で「やっぱりヴォルヴィックは喉ごしが違うなあ」とか、「エヴィアンしか飲まないことにしてるんだ」とか言ってる人とか見ると、何だかなあ~と思います。
というわけで、僕は「水」を買ったことがほとんどありません。海外に行ったときぐらいです。お腹を壊しやすいタチなので現地の水道水はやっぱり避けました。そういえば、昔、夏に林間学校とか行くと、しおりの注意事項に「生水は飲まないこと」と書いてあり、宿でも「一度沸かした水」がヤカンに入れて置いてあったりしたなあ。でも「飲まないこと」とか書かれると、かえって飲んでみたくなるのが子どもってやつで、こっそり蛇口からちょこっと口に含んだ「ナマミズ」が妙に冷たかったのを覚えています。 
images mizu2
 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

昭和の言葉「鉄管ビール」

昨日の当ブログで「万引き家族」(2018 是枝裕和監督)に触れ、昔、僕の子どもの頃は自分の家も周りの友だちが住んでいた家もあんなものだったなあということを書きました。もちろん、立派な大きい家に住んでクーラーがあって……なんて家はめったになく、そういう家は「お大尽」と呼ばれていました。すると、映画でリリー・フランキーさんたち家族(ニセ家族?)が住んでいる家の貧困が際立つのは、社会全体が豊かになっているかというと、そんなことはないわけで、希望が持てない「どんづまり」にある今の方が切実といえるでしょう。0000022

ともかく、あの頃だってエアコンなしで過ごしていたんだから……と思いながら、今も扇風機のみで暮らしている僕ですが、やはり昔とは暑さのレベルが違いますねえ。今日あたりはわりと過ごしやすかったですが、7月から今月始めにかけての暑さは本当に「災害レベル」でした。テレビの天気予報で「無理せず室内ではエアコンを使ってください」とか言っていたけれど、僕みたいに扇風機しかない人はどうしたらいいんじゃい!と言いたくなります。今の世では完全にマイノリティというわけですか。
あと、「喉が渇いたなと感じる前に水を飲むようにしてください」と熱中症予防の注意もよく聞きました。これは空いたペットボトルに水を入れたものを冷蔵庫に切れないようにして頻繁に飲んでいましたので、足がつったりはしませんでした。もちろん水道の水です。昔はよく蛇口から出る水を直接飲んでもじゅうぶん冷たくて「鉄管ビール」とか呼んだりしました。「喉が渇いたからサイダー買ってよ」とか言うと、親が「鉄管ビールでも飲んでな」という風な会話があったのが懐かしいです。tap
今じゃ全く聞かれない言葉になってしまいました。そういえば「熱中症」という言葉も僕の子どもの頃はなかったなあ。だいたい、「日射病」でしたかね。「日射病になるから帽子かぶりなさい」というように。ちなみに広辞苑をひいてみたら「日射病」は「熱中症の一種」とありました。また、「鉄管ビール」は「水道の水のことをふざけていう語」と出ていました。今のところ生き残ってますが、いつか、広辞苑から消える日も来るかもしれませんね……。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

 落書きパソコン

1 落書きマッキントッシュ
 かれこれ20年ぐらい前に購入したアップル マッキントッシュのパソコンです。
それも15年ぐらい前に使わなくなったので、その時落書きをしてしまいました。
うまく言い表せませんが、さの落書きの支離滅裂さ加減がその時の気分をあらわしているようです。
 ただ、最近になってこのパソコン様にサヨナラをしました。ちょっと場所をとるので。
これでも、その当時はダウンサイジングの波にそしてインテルに乗って、大分小型化されたと
いわれたものでした。時代の波とはかくのごとくで今やスマホの時代です。
 この先、解剖されるかもしれませんが、その臓器類、細胞などをさらなる新しい技術開発等で
人類に役立つことを祈ります。                              (ハピイ氏橋)
落書きマッキントッシュ2

落書きマッキントッシュ3

落書きマッキントッシュ4

 落書きマッキントッシュ5

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

秋の思い出・・・松茸ざんまい

 松茸ざんまい
 今はもう冬・・・かと思わせるようなここんとこですが、今年の秋にちょいといいことが重なりました。
 カナダは針葉樹林宝庫バンクーバー産の松茸たくさんが到来したことと、国産等級牛肉ブロック500グラム(約3000円)半額に出くわしたことです。
 松茸は木材関係ルートでいただきました。輸入丸太に忍び込ませた密輸ものです・・・というのは冗談冗談、今、木材は丸太では入ってきません。ほとんど現地で製材されたものが来ますので。
 てなわけで、拙宅の拙卓をたまには賑わせられました。
 牛さんはタタキで、ワサビやショウガやニンニクで。松茸は焼くだけ。フレーバーの凝縮狙い。カナダ産とはいえぷんぷん香りました。
 そばがきもいと簡単にこしらえ、そばつゆにはおろしと茗荷をたっぷりで。
 ここには写っていませんが、たぶんは吟醸冷や酒とスパークリングを彼らの友人にした思います。
 松茸TPP でした。(ハピイ氏橋)
             
   
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ウナギもいいけど牛肉もね。

今日は「土用丑の日」です。ウナギを食べたいところだけど、銭がないのでサンマ蒲焼の缶詰で我慢。
さて、千葉泰樹監督 「続・サラリーマン目白三平」(1955)では、望月優子のお母さんが子供に「土用丑の日だよ。ウナギが食べたい」とせがまれると、「ふだん70円のウナギが丑の日は120円。ちょっといいものは200円もしますからねえ」と取り合わない。お父さんの笠智衆は、街で「丑の日はスタミナ満点の牛肉を食べよう」と宣伝するチンドン屋を見て、牛肉(4人分で160円)を買ってきて、子供には「丑の日は牛肉を食べるに決まってるんだよ」とウソを教えるのが切ない。笠智衆お父さんとしては、子供のためにせめてもの贅沢をと思ったのですが、訪ねてきた小林桂樹が「丑の日はウナギ」と子供にばらしてしまうのでした。そういえば、子供のころ、牛肉が食卓にのるというのは結構特別なときだったなあと。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ