ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和の歌&銀幕の映画界TV界&スポーツ&お笑い&オール芸能界

『i-新聞記者ドキュメント』を多くの人に観てほしい

昨日の当ブログ「品性下劣アベ晋ゾーに、メリル・ストリープさんの言葉を」で再度紹介したメリル・ストリープさんの「ゴールデングローブ賞授賞式」でのスピーチは、「報道する力を失わず、いかなる攻撃があっても権力者たちを批判し続ける信念のある記者であってほしい」と、トランプに圧力をかけられるジャーナリスト保護委員会への期待の言葉で締めくくられていました。

これもまさに、今の日本のメディアにも言いたい言葉ですね。「モリカケ」問題だって、普通だったら内閣は吹っ飛んでいますよ。それをまんまと逃げきらせてしまったのは、野党のだらしなさもあるけれど、メディアの弱さも大いに責任があると思います。そこには「視聴率」という絶対的な価値基準があるのでしょうが、それを差し引いても「何か」を怖がり、腰がひけている感じは否めません。昨日の当ブログで、『i―新聞記者ドキュメント』(2019 森達也監督)の中で紹介された前川喜平さんの「今の政権はとにかく国民を馬鹿と思ってるんですよ。理解できない、忘れっぽい、ウソは見抜けないとタカをくくっている」の言葉を引用しましたが、その国民の「忘れっぽさ」にメディアは結果的に一役買っているように思います。国民を愚弄する悪行の真相を追及し尽くさないで、どうでもいいことをユルユルと取り上げ、国民に諦念を植え付けてしまっているように思います。テレビ局も「週刊文春」の後追いばかりでなく「桜を見る会」について独自の切りこみを見せて、ガンガン取り上げてほしいですね。織田信成がコーチを辞めたとか、そんなことはどうでもいいのです! 沢尻エリカさんの薬物問題なんかそんなに何日も取り上げることかあるのか! と、言ってる最中、新たにLSDも所持していたというニュースが伝わりました。国会会期末が迫って、逃げ切りを前にした官邸の「スキャンダル小出し」作戦でしょう、まさに。「どうせバカな国民は芸能ニュースでも見せておけば、我々の悪事なんか忘れるだろう」とほくそ笑む下品なクソ野郎・アベ晋ゾーの思うつぼです。

i―新聞記者ドキュメント』(2019 森達也監督)、東京新聞の社会部記者・望月衣塑子さんの仕事ぶりを追ったドキュメンタリーです。冒頭から、辺野古の埋め立てに使われる赤土の比率が基準を上回っていることに食い下がり、無言でスルーしようとする委員に「恥ずかしくないんですか!」と詰め寄る望月さんが映し出されます。さらにこのドキュメンタリーのメインともいえるスガ官房長官への定例会見での質問、それを遮る報道室長。それにひるまず質問を続ける望月さん。すごくヒロイックに見えるけれど、本来はこれが「新聞記者」の普通の姿勢だったはずです。ごく当たり前の記者の姿だったと思います。僕が昔の映画で観た「新聞記者」もみんなこういう風に描かれていました。それが、望月さんだけ特別「目立つ」人になっていること自体が、この国がいかに酷い状況になっているかを如実に表していますね。なぜ、望月さんに続く人がいないのか。これが問題なのです。

この映画の中でも、「権力に疑問をぶつける、食い下がるのがそもそもメディアの役割。他の国では当たり前のことなのに、なぜ望月さんだけが突出するのか、この国のメディアはおかしい」と外国人記者が述べていました。日本のメディア、このままでは「国民の知る権利を奪い取ろう」とする権力者、為政者に加担していることになりますよ。権力者、為政者をチェックしてこそのメディアです! 日本のジャーナリズムを担っている皆さん、その使命と気概を忘れないでほしいです。

そして、もちろんメディアの報道を受け止める僕たち自身も問われるのです。『i―新聞記者ドキュメント』も、ひとりひとりが「i」の意識で物事を見るべきだというメッセージを提示します。多くの人に観てもらいたいドキュメンタリーだと思います。観た人が「私はこう思います」という「i」になること、それが大事なのです。

(ジャッピー!編集長)

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・ジンジャー・ベイカーさん 「クリーム」の壮絶なアドリブ演奏

10月6日にドラマーのジンジャー・ベイカーさんが、亡くなりました。80歳です。ジンジャー・ベイカーさんといえば、エリック・クラプトンさん、ジャック・ブルースさんと組んだスーパー・トリオ「クリーム」です。僕も高校生のとき、さかんに「クリーム」を聴いていたので残念です。そういえば、少し前に『ジョーカー』(2019 トッド・フィリップス監督)を観たら、ある場面でクリームの「ホワイト・ルーム」が流れてきて強い印象を残しました。

ジンジャー・ベイカーさんは少年時代はトラッド・ジャズに夢中になり、15歳でドラムを始めたといいます。アレクシス・コーナーさんの「ブルーズ・コーポレイテッド」に入ったのがプロとしてのキャリアのスタートです。コーナーさんが開店したクラブは、ブルーズの演奏を聴かせる店でしたが、ベイカーさんのようにジャズから入った人が多かったそうです。エリック・バードンさんや、のちにローリング・ストーンズを結成することになるミック・ジャガーさん、キース・リチャーズさん、チャーリー・ワッツさん、ブライアン・ジョーンズさんなども集まっていました。彼らの音楽の基本にあるブルーズの影響はこの店で育まれたのです。ここで演奏されるブルーズはジャズの影響が強く、インプロヴィゼーションが多用されていたといいますから、「クリーム」での壮絶なインプロ演奏のベースになっているのでしょう。この店に来ていたジンジャー・ベイカーさん、ジャック・ブルースさんもジャズ系だったのです。(何と、ベイカーさんはドラムの前にトランペットを吹いていたという説もあります)

そして、ベイカーさんが「ブルース・ブレイカーズ」時代のエリック・クラプトンさんのプレイに惚れ込み、声をかけ「クリーム」が結成されたのです。セカンド・アルバムから「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」のシングル・ヒットも飛ばした「クリーム」ですが、何と言っても彼らの名を高めたのはライヴ・パフォーマンスです。それぞれがアドリブでプレイを繰り広げるインプロヴィゼーションで、演奏はどんどん長尺になり、ほとんどバトルのようになっていきます。たしか、クラプトンさんの証言でだったか、ある日、ふとギター演奏をやめても、残りの二人は全く気づかず、延々と自分のプレイに耽溺していた……というエピソードを読んだことを覚えています。

また、ベイカーさんとジャック・ブルースさんは「クリーム」結成前から犬猿の仲であって、ステージ上で取っ組み合いのケンカをしていたほどだったといいます。「クリーム」で売れっ子になってもその仲の悪さは変わることはなく、わずか2年ほどで解散となってしまいます。クラプトンさんの自伝ドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン-12小節の人生-』(2017 リリ・フィニー・ザナック監督)の中でも、クラプトンさんは「ジンジャーとジャックはもう修復不可能なほど口をきかなかった」と述べていました。よっぽど嫌な思い出があるらしく「クリーム」を辞めた経緯は語られませんでした。(←この映画については当ブログ20191月4日、1月7日に書きましたのでお読みください)

「クリーム」の三枚目のアルバム「クリームの素晴らしい世界」(←銀色のサイケなジャケット・デザインで有名ですね)のD面最後の曲(といってもD面は2曲だけですが……)「いやな奴」の延々と続くドラム・ソロ、まさにインプロヴィゼーション・バンドとしての「クリーム」の真骨頂でした。パワーあふれるドラム演奏で楽しませてくれたジンジャー・ベイカーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。 (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

品性下劣アベ晋ゾーに、メリル・ストリープさんの言葉を

「桜を見る会」の招待者名簿破棄について、国会でアベ晋ゾーは「大型シュレッダーの空き状況や担当である障害者雇用の職員の勤務時間などを調整し、予定日が5月9日になり、予定どおり廃棄し……」と言い「野党議員の資料請求とは無関係」と主張しました。まず、このウソつきクソ野郎の答弁がとうてい事実とは思えませんが、百歩譲って仮に事実だとしても、ことさら「障害者雇用の~」という必要なまったくないわけです。本当に、こいつの品性の下劣さ、史上最悪でしょう。もう、こんな奴は地球から追放でいいです。

政権にとって「不都合な真実」を隠すために、その言い逃れはもうほとんど「不条理」「シュール」の域まで達しましたね。招待者名簿を削除したあと、残っていた「バックアップ」データは「公文書じゃなく行政文書でもない」だってさ。よくもまあ次から次へと詭弁を繰り出すものです。こうなると、「絶対見られたくない」何かがその名簿にあったとしか思えないですね。本当に後ろめたいことがなくて、国民に説明責任を果たしたいなら「何とかして復元してお見せする」はずだろうが。「60」番台にどんだけ~の「アベお友だち枠」と「アッキー枠」の黒い連中が名前を連ねていたのですかね。

昨日の当ブログでも書きましたが、こういうことがまかり通ってしまうと、本当に、ウソとごまかし、「ズル」をやっていいんだという汚い姿勢は子どもの教育にも悪いし、国全体の空気が「腐って」いくのです。以前、「ゴールデングローブ賞」受賞式の方で特別功労賞にあたる「セシル・B・デミル賞」を受けたメリル・ストリープさんが公然とトランプ大統領を批判するスピーチをしたことを書きましたが(2018年6月6日の当ブログでも取り上げました)トランプが障害を抱える人をからかうようなパフォーマンスをしたことに対し、「権力者が公の場でこういう振る舞いをすると、それは他の人にも許可を与えたようなもので、軽蔑は軽蔑を生み、暴力は暴力を駆り立てる」というようなことを述べたのです。

以下は当ブログ2019年3月7日「どの口が“言論の自由”を言う」に書いたことの再録です。

 

まさにメリルさんの言う通り!なのは今の日本を見れば分かるでしょう。モリ・カケ問題で公文書を偽造しても責任もとらないんだからねえ。上がルール破っているんだから下も周りもデタラメになりますわな。自民党の中でも少しはマトモかなあと思えた人物でも内閣や政権に近い所に入ったとたんにダメなヤツになっていく。アベという「腐ったミカン」の周囲もみんなダメになって権力の腐臭を放つようになっています。「アベノミクス」の成果を作り上げようとデータを捏造もモリ・カケと同じ構造ですが、もう、きっと他にもあらゆる所でアベ晋ゾウの意向を組んで偽装・捏造がまかり通っていると感じてしまいます。

そんなアベが先日、岡田克也さんとの論戦で「表現の自由」だとか「言論の自由」を言い出して突っぱねました。おいおい、「言論の自由」は権力者が行使するものじゃないでしょうが。権力者が何言ってもいいなら、それは「独裁」とか「恐怖政治」というんじゃないんですか。こんな人物が日本の総理大臣というこの悪夢、本当に怖くなります。

だいたい、「言論の自由」なんてどの口が言っているんでしょう。昨年暮れに「内閣記者会」に対して「特定の記者(東京新聞)の質問を制限する」趣旨の文書を送った首相官邸がよく言いますね。政権の意に沿わない記者の質問は受け付けず、政権の都合で選別されるようにしようって「言論の自由」に反しているじゃないですか! 自分に都合の悪いニュースは全部「フェイク」と言い張るトランプにそっくりです。さすが、トランプのケツの穴の奥深くまで舐めているポチ野郎アベです。

 

どうです、まさに「モリカケ」を繰り返しているのです。きっと、今頃、本当は残っている「招待者名簿」データをせっせと「改ざん」していることでしょう。そして、タイミング見て、出してきて「ほら、総理と反社会的勢力やジャパンライフ会長は関係ない」とか言うんじゃないのか。「モリカケ」がうやむやになったのに味をしめて、こんな言い訳で逃げ切れると国民をナメきっているのでしょう。『i―新聞記者ドキュメント』(2019 森達也監督)の中で前川喜平さんが「今の政権はとにかく国民を馬鹿と思ってるんですよ。理解できない、忘れっぽい、ウソは見抜けないとタカをくくっている」と述べていました。まさにその通りでしょう。国民を見下し、私利私欲だけの能無し首相をこのままにしてはいけませんね。クソまみれのこの男の顔を地面に押し付けて固い靴でぐりぐり踏みつけてやりたいですね。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

今日から「芦川いづみ映画祭」がスタート!

朝ドラ『スカーレット』、いよいよヒロインの貴美子(戸田恵梨香さん)が陶芸の世界に近づいてストーリーも佳境に入ってきて楽しく観ています。僕は、貴美子が大阪の「荒木荘」にいたときの展開も好きでした。個性的な面々が揃う中、水野美紀さんが演じる女性新聞記者・ちや子が印象に残りました。ほとんど男性記者ばかりの中でガンガン仕事して、真っ直ぐな心根を持っている人でした。貴美子が去ったあと、涙を流しながらお茶漬けを食べるシーンが忘れられません。元々、僕は水野美紀さんが好きで、彼女がアクション女優だった頃からのファンでした。2000年5月22日にはシネリーブル池袋2で『現実の続き夢の終わり』(2000 陳以文監督)を観ています。この映画の水野美紀さん、カッコ良かったなあ!

『スカーレット』でちや子を演じる水野美紀さん、太い黒縁メガネで登場しますが、この黒縁メガネで思い出したのが『あした晴れるか』(1960 中平康監督)です。この映画で芦川いづみさん演じるフィルム会社の宣伝部社員、いかにもという幹事の色気のない黒縁メガネをかけているのです。気鋭のカメラマン(石原裕次郎さん)が「東京探検」という企画を任され、その「お目付け役」として付くのが芦川さん演じるみはる(←「見張る」のもじりのネーミングでしょうか)なんですが、仕事の「できる」才女で裕ちゃんと反発し合いながらも、企画をすすめていくうちに惹かれ合っていく……というツンデレ・ラブコメディです。こんな洒落たコメディがあったのか!と思うこと間違いなしの快作ですし、ふたりが巡る深川不動尊、佃島の渡し舟乗り場、旧赤線地帯など、昭和35年当時の東京の風景が見られるのも貴重です。

が、何といっても芦川さんのコメディエンヌぶりが最高なんです! 裕ちゃんを振り回し、舌をペロッと出すところや、酔っ払ってクダまくシーンとか、優等生の女性役の多かった芦川さんの様々な表情が見れるので、僕のような芦川いづみさんファンには幸福そのものの作品なのです。

当ブログ2016年8月11日にも書きましたが、私のアモーレは芦川いづみさんであります。「清楚」とか「可憐」といった言葉は芦川いづみさんのためにあるようなものです。その芦川いづみさんのご本「芦川いづみ 愁いを含んで、ほのかに甘く」(文藝春秋)が発売されるのを記念して、池袋は新文芸坐にて「芦川いづみ映画祭」が今日12月5日から1週間、開催されます! 期間中はロビーにて「ご来場者に向けた芦川さんのメッセージ」が流されます。本日は芦川さんの18歳での映画デビュー作『東京マダムと大阪夫人』(1953 川島雄三監督)と日活移籍後の『風船』(1956 川島雄三監督)という、芦川いづみさんを見い出した川島雄三監督の2本立てです。『あした晴れるか』は来週12月9日(月)に上映ですから、おでこ全開(芦川さんご本人は「生え際の形が食パンみたいで嫌だった」とおっしゃっていますが)、メガネっ子の芦川さんに会いに来てください! (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

アベ政権と『日本暗殺秘録』の藤純子さんのセリフ

「桜を見る会」について何ひとつ説明責任を果たさない狂権首相・アベ晋ゾー、一昨日の国会でも、反社会的勢力や「ジャパンライフ」の社長とかを誰が招待したかについて問われると、「招待客については個人情報だから公表を差し控える」だってよ。ふざけんな! 「桜を見る会」のコンセプトは「各界で功労、功績があった人を慰労する」んだろうが。どんな表彰式だって、「個人情報」だからって名前も選考理由も明かさないなんてことないじゃないか。しかも「血税」を使って招いているんだから、全員を理由もつけて公開すべきだろう。それを「個人情報」だって? そして、名簿は破棄、データも復元できないって、もうこの対応自体が隠したい「不都合な真実」があることを示していますね。こんな見苦しい「隠蔽」をやって恥ずかしくないのかねえ。

また、アベの常套句、「桜を見る会」は民主党もやっていたというのは、子どもが怒られて「だって○○ちゃんもやってたも~ん」と言うのと同じですね。自分の責任をそらすようなこの言い草、こんなガキみたいな精神構造のアホ人間が一国の首相であるということに呆れてしまうばかりです。ズルして「見苦しい」言い訳や隠蔽をして逃れようとする国のリーダーの姿、子どもの教育に悪すぎますよ。「正々堂々」という言葉と何万光年も離れたアベの態度、「ああいうウソつきで汚い大人にならないようにしなさい」という反面教材にするしかないですかね。

子どもだけでなく、こういうことがまかり通ってしまうと、世の中にも影響してしまうと思います。財務省の改ざんのときもそうですが、あ、書類なんかいい加減でいいんだ、テキトーで許されるんだ、という風潮が社会に流れると思います。「ズル」したっていいんだ、それこそ「上がやってんだから」という風に。『日本暗殺秘録』(1969 中島貞夫監督)の中にこんなセリフがありました。「デタラメな世の中だからデタラメに生きなきゃ損だわ」。このセリフを言う藤純子さんは映画の前半は純真でマジメに働いている娘で、主人公の千葉真一さんと恋仲になります。それが、会社の倒産などで離ればなれになり、久しぶりに再会すると、カフェの女給になってどぎつい化粧でタバコなんかくゆらす「すれっからし」の女になっていて、千葉さんに言うのがこのセリフなのです。この変貌に千葉さんも驚きますが、この映画を初めて観たときに、僕も驚きました。あの純情な娘が……。

アベ晋ゾーよ、こうして「ズル」して何の責任もとらず逃げ回ることが「美しい国」なんですかね? 絶望がこの日本を覆わないように、お前は早く腹を切れ!

(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ