ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和の歌&銀幕の映画界TV界&スポーツ&お笑い&オール芸能界

宮崎祐治さんの「東京映画地図」と「二人で映画を」

昨日の当ブログで書きましたが、「国立映画アーカイブ」展示室にて開催されている「映画イラストレーター・宮崎祐治の仕事」展を観に行きました。この展覧会「キネマ旬報創刊100年記念」という副題もついているように、「キネマ旬報」で描かれた仕事が多く展示されています。昨日紹介した、毎年のベストテン号恒例の「映画街路図」もそうですが、近年連載した「東京映画地図」も好企画でした。東京の各地を舞台にした映画を、イラスト入りの地図と文章で紹介したもので、この連載をまとめた本も購入しました。宮崎さんによると、川本三郎さんの「銀幕の東京」(中公新書)にインスパイアされ、これを宮崎さんお得意の「地図」で表せないかなと思ったのが切っ掛けだそうです。本には、その川本さんとの対談も掲載されています。映画に映し出された風景が目に浮かぶし、自分に馴染みのある街がどんな映画に出てくるかとパラパラめくっているだけで楽しくなります。僕の場合だと、生まれた場所である「新宿」、長く住んだ「池袋」あたり、イトコが住んでいて良く遊びに行った「墨田区」あたりのページはよく読んでます。
この「東京映画地図」(キネマ旬報社)は2016年発売(その後、「ラピュタ阿佐ヶ谷」にてこの本に出てくる映画を並べた特集が2回にわたって開催されました)ですが、僕はずっと昔に宮崎さんが出された本を一冊持っています。「二人で映画を」という本で、宮崎さんが「自費出版」されたもので、発行は1983年12月17日です。B5サイズの本で、左ページに宮崎さんのイラストがドーンと載っていて、右ページは文章です。その文章というのが、宮崎祐治さんと、ガールフレンドの藤田美智子さんの往復書簡のようになって
いて、お二人がひとつの映画について感想を述べあっています。あとがきにも「誰かと映画を観た後、喫茶店などでその映画についてお喋りすることがあるけれど、まさにそれを活字にしようと思って作った一冊」と書かれています。したがって「二人で映画を」というわけですが、読むと、なかなか意見が合わなくて、当たり前ですが、人によって映画の見方は全然違うことが分かります。それぞれの趣味や生活や信条、感動のツボ、そこには男女の映画の違いもあるし、なかなか興味深い「共作」本です。『隣の女』(1983 フランソワ・トリュフォー監督)なんて、藤田さんが「こういう物語は好きになれない」と書くと、宮崎さんはのっけから「こういう映画、好きだなあ」で始まったり、この本自体がちょっとスリリングなラヴストーリーのように思えてきます。
取り上げた映画は『レッズ』(1981 ウォーレン・ビーティ監督)から『探偵物語』(1983 根岸吉太郎監督)まで洋画、邦画とり混ぜ84本。宮崎さんはこの本で取り上げる映画を100本と想定していたそうですが、結局84本。しかし、お勤めをしながら1年半で二人で観たのですから結構な本数です。今回の展覧会には、この本の展示はありませんでしたが、僕は長年、愛読しています。
そして、後年「東京映画地図」を購入し、あとがきを読むと、宮崎さんは「妻・美智子」に感謝を述べられていました。ああ、この藤田美智子さんと結婚されたのだなあと何だかあたたかい気持ちになりました。お二人はその後、何本ぐらいご一緒に映画を観たんでしょうか。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「映画イラストレーター・宮崎祐治の仕事」に行ってきました

今日は「フィルムセンター」もとい「国立映画アーカイブ」(いまだに慣れないなあ……)の7階展示室に行って、「映画イラストレーター・宮崎祐治の仕事」展を観ました。実は、今日、5月18日は「国際博物館の日」ということで、入場無料だったのです。通常料金は250円ですから、我ながらセコイですが……。
元々、「キネマ旬報」の読者欄へのイラスト投稿が始まりだったという宮崎祐治さん、最初に採用されたのが1975年といいますから、今年で44年!も映画のイラストを描き続けているのですから、その一部とはいえ、膨大な数のイラストが展示されていて、時間が足りませんでした! すぐにドーン!と『ダーティハリー』(1971 ドン・シーゲル監督)のクリント・イーストウッドのどでかいパネルがお出迎え。壁面に散りばめられた数々のイラストは、洋画、邦画入り混じって何と117枚! 見ているだけで映画の一場面が蘇ってきますが、これがまだ入り口のディスプレイなのです。
いわば宮崎さんのスタートラインともいうべき「キネマ旬報」への投稿は、和田誠さんの「お楽しみはこれからだ」をパロディにした「お楽しみはこれだけだ」です。和田さんのイラストが大好きでファンレターも書いたほどだったという宮崎さん、最初の頃は和田さんと同じペンを使って和田さん調の線画で描き始めたので、どうしても似てしまったといいます。「キネマ旬報」ベストテン号から4頁掲載される恒例の「映画街路図」が原画も含めて、展示されていましたが、たしかに初期の頃は和田誠さん風です。僕は「キネマ旬報」ベストテン号は1970年度から買っているので、1976年度決算号から始まった宮崎さんの「映画街路図」はすべて持っていますが、こうして一堂に43年分が並ぶと、次第に「線」が変わっていき、宮崎さんの画風になっていくのが分かります。
「キネマ旬報」では、宮崎さんによる当時の「文芸坐」の広告もありましたので、この展示も懐かしかったです。また、「文芸坐」の「陽のあたらない名画祭」のポスターを見て、「ああ、この日にこの2本立てを観たなあ……」と個人的な映画追憶に浸ってしまいました。そんなこともあり、見てまわるのにすごく時間がかかってしまいました。実は、今日はロビーで宮崎さんと映画評論家の渡辺祥子さんんの対談もあったのですが、あとに予定があったので冒頭だけ見て会場をあとにしました。
珍しいところでは、粘土で作った「立体作品」もあり、イラスト以外にも表現を広げていることを知りました。とにかく、その膨大な作品群のひとつひとつに「映画愛」が溢れているのです。この展覧会、8月25日まで開催されていますから、もう1回行こうかなと思っています。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

イラク攻撃を予見したような『鬼輪番』

昨日の当ブログでちょっと触れた、小池一夫先生原作『ポルノ時代劇 忘八武士道』(1973 石井輝男監督)も、『子連れ狼』の若山富三郎さん同様、主演の丹波哲郎さんが原作を気に入り映画化を提案したと言われています。その丹波さん、裸の女刺客に囲まれ楽しそうに?演じていました。(これがやりたかったのかな?) 丹波さんが演じたのは、「人を斬り過ぎた」と語る虚無的な男。役名は「明日死能=あしたしのう」です。小池一夫先生の登場人物やタイトルには独特のネーミング・センスがありますね。『修羅雪姫』は「白雪姫」のもじりですし、『鬼輪番』は「お庭番」のもじりです。
劇画(原作・小池一夫さん、作画・やまさき拓味さん)は読んでいないのですが、映画化された『鬼輪番』(1974 坪島孝監督)は観ています。ちなみに、公開時の併映作は『御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判』(1974 井上芳夫監督)ですから、「小池一夫先生原作の“鬼”二本立て」ということになります!
「鬼輪番」とは、幕府に養成された特殊隠密チームで、忍びというかスパイとして命令に従います。この「鬼輪番」の若者5人を演じるのが、近藤正臣さん、峰岸徹さん、水谷豊さん、高峰圭二さん、そして紅一点の荒牧啓子さんです。冒頭にこのチームの過酷な訓練が描かれるのですが、その中で首領(鬼親と呼ばれている)から「男は男の性を極め、女は女の性を極め、捨て去れ!」と言われ、荒巻さんは裸にされ、仲間たちに次々に犯されます。任務によっては「性」も武器にするという訓練なのですが、乳房を全開にする荒牧さん、熱演でした。この映画では「新人」とただし書きがついていました荒牧啓子さん、その後あまり見かけなくなってしまいましたが、僕はこの映画一本でファンになってしまいました。
そんな非情なスパイ訓練を経て、幕府のエライ人(佐藤慶さん)からのミッションが、「親藩の紀州藩への潜入」です。紀州藩が武器を大量に購入して幕府への謀反を考えているらしいという情報があり、その武器蔵を破壊せよという任務です。5人は変装などして潜入します。(この潜入時も、女衒の前で荒牧さんが全裸になるシーンがありました) 捕まって拷問を受けたり、特殊な鉄格子に挟まって絶命したり、命を落とす者が出ますが、任務を遂行します。中でも、蟻地獄のような流砂の穴に閉じ込められるのが迫力ありました。
そして、生き残った近藤さんと水谷さんがつかんだ意外な真相。紀州には「大量の武器」などなく、幕府こそが紀州に武器購入を薦め紀州の財力を奪い、さらに「謀反」の濡れ衣を着せてぶっ潰そうとしていたのです。すべては幕府が書いたシナリオで、「鬼輪番」たちはそれに真実味を持たせるために利用されていたのです……。この話、何かを想起させませんか? そうです、僕はアメリカが「大量破壊兵器」を理由にイラクを攻撃したときに、真っ先にこの映画を思い出したのでした。さすが、小池一夫先生、「権力」のやることをまるで予見したような内容でした。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」

梶芽衣子 ジャッピーイラスト
ひとつ前の当ブログでふれた『修羅雪姫』(1973 藤田敏八監督)は、監獄で産み落とされた少女「雪」が、獄死した母の怨みをはらすため、仇を探し出し復讐するという物語です。同じ小池一夫先生の『子連れ狼』と同様、復讐、たったひとりで「権力」に立ち向かうという構図です。寡黙のヒロイン、梶芽衣子さんのキリッとした視線、まさにハマリ役です。
いろんな殺し方が出てきますが、もっともインパクトがあったのが、仇のひとり、中原早苗さんの首吊り死体を真っ二つに輪切りにするシーンです。このシーンは忘れられません。小さい子どもが見たらちょっとトラウマになりそうな凄絶なものでした。(「ジャッピー!」19号のハピイさんのイラストにもこの場面が!) 当ブログ5月15日に書いた、映画『子連れ狼』のスプラッター描写が話題になったので、劇画調をさらに押し進めたのでしょう。
今でこそ、日本の映画館でも「PG12」とか「R15+」など、細かく年齢制限が決められていますが、小池一夫先生原作の映画が量産されていた1970年代当時は、「18歳未満禁止」というハードルしかありませんでした。おまけに、これは「性描写」に対する制限だったので、「ヴァイオレンス」はスルーでした。小池一夫先生の原作映画の特徴は「エロス」と「ヴァイオレンス」ですが、たしかに当時「成人映画」に指定されたのは『ポルノ時代劇 忘八武士道』(1973 石井輝男監督)や『下苅り半次郎 ㊙観音を探せ』(1975 原田隆司監督)などの「エロチック」作品だけで、「ヴァイオレンス」は引っかかりませんでしたね。
『子連れ狼』や『修羅雪姫』で、首が飛んだり、血が盛大に噴き上がったり、中原早苗さんの上半身と下半身が離れてしまっても、普通に子どもでも観ることができたのです。こういった面も、アメリカで人気になり、フォロワーが生まれた背景にあると思います。アメリカでは「残酷描写」にはうるさく、制限も厳しかったので普通のキッズには観れなかったのに、日本では観れるのか!と。
そういえば、それより前1960年代に作られた『大菩薩峠』(1966 岡本喜八監督)もアメリカで上映されたときに、現地の映画ファンの間で話題となったそうです。これも、仲代達矢さん扮する主人公の「机龍之助」が斬って斬って斬りまくる展開に「あいつはドラッグをやっているのか。だからあんなに人を斬りまくるのか」という反響があったそうです。『大菩薩峠』は冒頭から、龍之助が巡礼の老人を斬るところから始まり、なぜ斬るのか……剣の魔性のようなことがテーマですが、アメリカの人には「クレージー」としか見えないわけです。まあ、その後、アメリカも銃を乱射し「無差別殺人」が繰り返される国になりましたが。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

小池一夫先生の影響 『ロード・トゥ・パーディション』と『キル・ビル』

昨日の当ブログで書いたように、1972年から1974年にかけて全6本が作られた若山富三郎さん主演『子連れ狼』は、いずれも勝新太郎さん主演作と組み合わせて「勝プロ」二本立てという思わず顔がゆるんでしまうようなラインナップになっていました。ただ、「勝プロ」は1974年にテレビドラマで『座頭市』を作り始め、これに勝さんが映画なみのこだわりを見せ、度重なる予算オーバーが続き、とうとう『子連れ狼』の映像化権利を売ってしまいます。これで映画版『子連れ狼』シリーズは終了となり、若山さんは激怒、以後、弟の勝さんと仲が悪くなってしまったといいます。
それはともかく、『子連れ狼』シリーズは海外でも人気を集めました。アメリカのオタク青年?たちが日本のマンガに注目をし始めたこともあります。その映画化ということで、アメリカ映画にも影響を及ぼします。有名なところでは、『ロード・トゥ・パーディション』(2002 サム・メンデス監督)がありますね。タイトルは直訳すれば「地獄への道」ですが、これは『子連れ狼』のキメ文句「冥府魔道」からとっています。第5作『子連れ狼 冥府魔道』(1973 三隅研次監督)のタイトルにもなっています。マフィアのボスのドラ息子に妻と次男を殺されたトム・ハンクスさんが残った長男とともに復讐を誓い、組織は殺し屋を送りこむ……というストーリーはまさに『子連れ狼』そのままですが、荒唐無稽なアクションが売りの若山さんの映画とは違って、こちらは雨の中でマシンガンの銃火が光る場面や、陰影に富んだ映像でまさにノワール風味の渋い映画に仕上がっていました。アカデミー賞では「撮影賞」を受賞しています。また、トム・ハンクスさんに加えて、ボスを演じたポール・ニューマンさんもさすがの名演でした! 
そして、小池一夫先生の原作が影響を与えたといえば、『修羅雪姫』(1973 藤田敏八監督)を引用した『キル・ビル』(2003 クエンティン・タランティーノ監督)もそうです。こちらは、日本人スタッフやキャストも参加しており(栗山千明さんの役名は「ゴーゴー夕張」)、まあ確信犯的に日本映画を意識しています。黄色いジャージ?を着たユマ・サーマンさんの活躍を描くので、香港映画とかも含め、まさに映画オタク・タランティーノ監督の個人的映画史の集大成といった趣きです。しかし、対決のシーンとか、まさに『修羅雪姫』そのもののセットで(だけどラストに流れるのは「怨み節」です)、再現という感じで、何だかな~と感じました。小池先生の原作から見事に違う味わいのノワール映画を構築した『ロード・トゥ・パーディション』と違って、これじゃあ、「オマージュ」じゃなくて「パクリ」じゃないかよ、タランティーノさんよ、というのが正直な気持ちです。
『修羅雪姫』については「ジャッピー! 19号」にてハピイさんがイラスト付きで原稿を書いています。(この19号は「西島秀俊」さんロングインタビューも載っていることもありプレミアものです)
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ