ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

「シカゴ」のドキュメンタリー映画 ピーター・セテラさんの増長と脱退

ひとつ前の当ブログで書いたように、「シカゴ」というグループにとって、創設メンバーの一人、テリー・キャスさんの死は大きな転換点になりました。ドキュメンタリー映画『ナウ・モア・ザン・エヴァー ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ』(2016 ピーター・パーディーニ監督)では、その後のメンバー内の確執も描きます。やっぱり生身の人間が集まっているので、衝突、わだかまりといったものがずいぶんとあります。そこらの紆余曲折がメンバーの証言や、逆に「証言」しないことで明らかになるのが興味深いです。プロデューサーのジェームス・ガルシオさん、ベースのピーター・セテラさんは「シカゴ」の中心人物ですが、この映画の取材を拒否したと示されます。また、途中から加入したビル・チャンプリンさんは取材に対し「良いことが話せないなら沈黙を貫くべきだ、というのが父の教えでね」と意味ありげに語っています。よほど嫌な思い出があるのでしょうね。

ジェームス・ガルシオさんはビッグ・スターになった「シカゴ」の収入のうち51%をガメていて、残りの49%がメンバー7人分だったという事実が帳簿を点検していて分かったそうです。ずいぶん生々しい話が飛び出しますが、これに怒ったメンバーたちはガルシオさんを解雇します。自分たちが稼いだ金の半分を独り占めされて、残り半分を7人で分けていたわけですから頭にくるのは当然ですが、腕利きプロデューサーを失い、その頃から「シカゴ」は低迷していきます。

ピーター・セテラさんは自分が作って歌った「愛ある別れ」(1976年リリース)が大ヒットになってから、自分の曲に自信を持っていきます。テリー・キャスさんはこの曲を嫌っていたそうですが、「シカゴ」というのは元々「僕らは民主的なグループで何でも話し合って決める」ことと「誰の曲でも拒否せず、全員で一所懸命に取り組む」とスターとしたグループだったのです。そうして発表された「愛ある別れ」は初の全米ナンバー1となったので以後のピーターさんのバラード路線は欠かせないものになっていきます。

テリーさんが亡くなり、プロデューサーのガルシオさんを解雇し、どん底状態だった「シカゴ」が復活したのもピーター・セテラさんのバラード曲「素直になれなくて」(1982年リリース)でした。当時、「旬」のプロデューサーのデヴィッド・フォスターさんを起用して作られたこの曲は大ヒット、「愛ある別れ」以来の全米1位を記録します。そして、この1983年というと「MTV」が盛り上がっていた時期です。マイケル・ジャクソンさんを筆頭に「MTV」で流れるミュージック・ビデオが大きくヒットに影響していました。当然「素直になれなくて」もMVを撮ることになり、カメラマンが「誰を中心にするんだい?」とききます。「シカゴ」側は「僕らにはリーダーはいないんだ。全員を均等に撮ってくれ」と主張しますが、「しれでは散漫になる」というカメラマンの意見があり、結局リードシンガーのピーターさん中心のMVとなってしまいます。「民主的」なグループだったのに、フロントマンとして突出したピーターさんは、やがて「俺のギャラの取り分を倍にしてくれ」だの「俺だけ特注のバスにしてくれ」だの勝手なことを言うようになります。この辺も相当に生々しい話で、このドキュメンタリーはかなり赤裸々に「シカゴ」の歴史を綴っています。ちなみに、デヴィッド・フォスターさんは取材に応じ登場しますが、自宅で「オレはこれだけグラミー賞とってるんだぜ」とか、「シカゴ」を再生させたのはオレのおかげと言わんばかりで、大変な自信家だなあと思いました。

結局、ピーターさんは脱退、ソロ・シンガーとなり、「シカゴ」と袂を分かちます。こういう経緯があるから、このドキュメンタリーの取材拒否も当然といえますが、映画の最後に「シカゴ」の「ロックの殿堂」入りの表彰が映し出され、そこにはピーター・セテラさんも久々に加わり、「サタデイ・イン・ザ・パーク」などを演奏します。何だかんだ言っても、やはり感動的な場面です。

メンバーの顔ぶれが変わりながら命脈を保ち活動する「シカゴ」、ラスト「家族だって入れ替わるだろ。これだけ続けられたのはなぜだって? 人とうまく関わっていけたからさ」という言葉が印象的でした。この映画を観たあと、帰宅して「シカゴ」のCDをファーストの「シカゴの軌跡」から順番に聴いたのは言うまでもありません。

(ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「シカゴ」のドキュメンタリー映画 テリー・キャスさんの死

当ブログの今年のはじめ、1月2日~7日にかけて、昨年話題になったクイーンのフレディ・マーキュリーさんの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018 ブライアン・シンガー監督)、エリック・クラプトンさんの軌跡を描いた(こちらはドキュメンタリー)『エリック・クラプトン ~12小節の人生~』(2017 リリ・フィニー・ザナック監督)について書きました。今年になってからは、エルトン・ジョンさんの半生を描いた『ロケットマン』(2019 デクスター・フレッチャー監督)もありました。(←この作品については当ブログ2019年9月20日、21日、22日をお読みください) 『ロケットマン』はエルトンさんがエグゼクティブ・プロデューサーとなっていますから、自伝といってもいいですね。60年代~70年代から活躍したミュージシャンも振り返る年齢になってきているのでしょう。ともかく往年のロック・スターの伝記映画がヒットしたわけです。この流れで公開されたと思われるのが、「シカゴ」のドキュメンタリー映画です。

『ナウ・モア・ザン・エヴァー ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ』(2016 ピーター・パーディーニ監督)という映画です。僕は今年10月初めに観ましたが、製作は2016年ですから、上記のミュージシャン伝記映画のおかげで日の目を見たのでしょう。「シカゴ」といえば、1967年結成ですから、映画製作時で結成49年、その後も健在で今年も37枚目のアルバムをリリースしています。これだけ長く続いているだけでもスゴイことです。グループ結成し、シカゴのクラブでは演奏していた当時、ビートルズなどのヒット曲のカヴァーをやり、自分たちのオリジナル曲をやると「クビだ!」と言われる始末だったといいます。ちなみに「シカゴ」といえば、ホーン・セクションを取り入れたロックバンドというスタイルが斬新だったわけですが、これはビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を聴いて着想したのだそうです。

ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオさんという敏腕マネージャーが登場、彼らにめげずにオリジナル曲をやれと説得し、猛練習と曲作りに打ち込み、やがて大きなステージに出れるようになり、アルバート・キングさんや、ジャニス・ジョプリンさんなどの前座をつとめます。ドキュメンタリーの中で、その頃「ジャニスが落とした財布を『拾いなさいよ!』と偉そうに言ったので、頭に来て『何だ、その言い方は! 自分で拾え!』とケンカになった」というエピソードが、いかにもジャニスさんらしく、面白かったです。その後、メンバーは皆、ジャニスさんとは仲良しになったそうですが。また、ジミ・ヘンドリックスさんとも親しくなって、テリー・キャスさんは「俺より上手いよ」と言われたそうです。あのジミヘンにギターを褒められるなんてスゴイ! ある時、飛行機で一緒になったとき、ジミさんが悩んでいるようだったので、きいてみると、「君達も売れてツアーとレコード・リリースに追われるようになれば分かるよ」と言われたそうです。そのときは「望むところだ」と返事したテリーさんでしたが、やがてそれを実感するようになります。

やがて、ガルシオさんがレコーディング契約を取り付け、1969年に異例ともいえる2枚組アルバム「シカゴの軌跡」でデビュー。すると、ここからは順調で出す曲、アルバムはヒットを連発、ライヴも好評で、このドキュメンタリーの中でも「挫折はなかった」と言い切っています。やがて彼らはカリブーの農場にスタジオを建設、そこにこもって「より良いアルバム」を作ろうと考えます。しかし、「金のあり余った若者を閉じ込めるわけだからね」と悪戯っぽい口調で回想されるのは「乱痴気騒ぎ」の日々です。

「何しろ警察が来ないからね」というこの農場生活の模様を映したプライベート・フィルムも登場しますが、西部劇みたいに馬を乗り回し、「質のいい」ドラッグなど、まさに黄金の日々という感じです。特に、テリー・キャスさんは多趣味で狩猟、釣り、バイクなどアウトドア全般に及びます。この辺、ちょっと梅宮辰夫さんみたいですが。しかし、その趣味がテリーさんの命を奪ってしまいます。ご存知のように、銃の暴発事故で亡くなるのですが、メンバーは「ドラッグやってるときは銃をいじるな」とかねがね注意していたそうです。ドラッグで亡くなったジミ・ヘンドリックスさん同様、テリーさんも突然この世を去ったのです。このテリーさんの死のショックは今も重く記憶されていることがメンバーたちの証言で分かります。デビューから50年経った今でも、テリーさんがいた頃の曲をやるときはテリーさんを悼むように天を見上げるのだそうです。 (ジャッピー!編集長)

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

梅宮辰夫さん、「悪魔のキューピー」と眉毛なし幹部

昨日の当ブログ「梅宮辰夫さん、『仁義なき戦い』一瞬の表情」で書いたように、『仁義なき戦い』(1973 深作欣二監督)第1作で梅宮辰夫さんは「若杉寛」の役を演じ、鮮烈な印象を残しました。実録映画ですから、もちろんモデルがいて、「若杉寛」は、大西正寛さんという伝説のヤクザで「悪魔のキューピー」と異名をとった人物です。残された写真を見ると、大西さんは小柄で童顔なのですが、怒り出すと形相が変わり、その凶暴さは手がつけられなかったといいます。それで「悪魔のキューピー」と呼ばれたそうです。『仁義なき戦い』の劇中、梅宮さん扮する若杉は伊吹吾郎さんの腕を叩き斬りますが、史実では、その時もうひとりの人の腕も叩き斬ったといいます。菅原文太さん演じる広能昌三のモデルである美能幸三さんは、劇中と同じように刑務所内で大西さんに出会い、舎弟分となったのです。暴れっぷりは激しかったけれど、筋の通った人で、地元の警察官はヤクザたちに「同じ極道になるのなら大西マァちゃんのようになれ」と諫めるほどだったといいますから、一目おかれる男だったのですね。恰幅のいい梅宮さんは実物の小柄な大西さんとは体型はだいぶ違いますが、撮影に入るとき、大西さんの弟さんが訪ねてきて「うちの兄貴を演じてくれるそうで、ひとつよろしくお願いします」とあいさつしてくれたそうです。

『仁義なき戦い』は、裏切りや陰謀が渦巻く権力抗争なので次々に登場人物が死んでいきます。なので、シリーズを続けるうちに同じ俳優が別の役になって再登場します。もっとも早い例は、第1作で土居組組長を演じた名和宏さんが、早くも第2作『仁義なき戦い 広島死闘篇』(1973 深作欣二監督)で村岡組組長の役で登場しました。(←このことは当ブログ2018年8月1日「『仁義なき戦い』再登場第1号は名和宏さん」を参照) 梅宮辰夫さんも第3作『仁義なき戦い 代理戦争』(1973 深作欣二監督)で再登場しました。今度は「岩井信一」という神戸・明石組から広島に派遣された幹部を演じました。「よお、昌ちゃん」と言いながら広能と再会するシーンでスクリーンに初めて映りますが、何と眉毛を剃ってでてきましたからインパクト大でしたね。この「岩井信一」のモデルとなったのは、山口組の斬りこみ隊長、山本健一さんです。実際に存命中の「山健」こと山本健一さんは梅宮さんも会ったことがあり「あの親分は眉毛がほとんどないといっていいぐらい薄かったんだよ」方だったそうです。そのため梅宮さんは、最初はメイクで眉をつぶして撮影に臨んだのですが、汗をかくと溶けてしまい、何度もメイクをやり直すはめになってしまったそうです。それで面倒くさくなって、眉毛を剃り落としたのだそうです。ピラニア軍団の志賀勝さんが何かで眉毛を剃っていて迫力があったこともヒントになったそうです。

ということで、眉毛を剃った梅宮さん、撮影が休みになって家に帰ってまだ小さかったアンナさんを抱き上げたら、普段は泣かない子だったアンナさん、その眉無し顔を見て盛大に泣き叫んだという有名なエピソードが生まれたのです。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・醍醐猛夫さん 「4打席」連続ホームランを放った唯一の捕手

1211日に元・ロッテオリオンズの捕手、醍醐猛夫さんが亡くなりました。81歳です。ロッテ・オリオンズというより「東京オリオンズ」といった方がしっくりくるかもしれませんね。

子どもだった僕には、まずは「醍醐」という名字の難しさがインパクトありました。僕は昔、自分で「プロ野球ブック」という雑誌を作っており(当ブログ2018年2月26日「僕の雑誌好きの原点、手作り『プロ野球ブック』」をお読みください)、そこで「見てきた」ようなキャンプ便りやシーズン展望を書いていたので、「醍醐」という漢字はそのとき書けるようになりました。のちに日本史で「後醍醐天皇」を習うより早く、書けるようになっていたのです。そういえば、オリオンズの本拠地、東京スタジアムのスコアボードには画数が多いせいか「ダイゴ」とカタカナで書かれていましたなあ! この「ダイゴ」が観れる映画として、東京スタジアムが出てくる『闇を裂く一発』(1968 村野鐵太郎監督)があります。この映画については当ブログ201711月5日をご参照ください。

醍醐さんは早実で3年のとき、1年生だった王貞治投手とバッテリーを組んで甲子園にも出場してたことで知られています。同期生には徳武定之選手がいて、徳武三塁手は卒業後、早大に進み主将をつとめ国鉄スワローズに入団しました。醍醐さんの方は、早実卒業後1957年「毎日オリオンズ」に入団、すぐに一軍に定着しました。ですから、1960年の優勝のときにも若手捕手として在籍されていたのです。この年の日本シリーズで大洋ホエールズに4タテをくらい、スクイズという作戦をとった西本幸雄監督が永田“ラッパ”雅一オーナーから叱責され辞任したことで知られています。

醍醐猛夫さんは1965年(昭和40年)には全試合出場、本格的にレギュラーとなりました。醍醐さんで現役時代一番驚かされたのは1971年に(2試合にまたがってですが)「4打席連続ホームラン」を放ったことです。醍醐さんはわりと「打てる」キャッチャーの方でしたが、このときまで「4打席連続ホームラン」を達成していたのは、青田昇さん(1956年)、王貞治さん(1964年)、長池徳二さん(1967年)の3人しかいませんでした。王選手だけが「1試合4打席ホームラン」なのはさすがですが、この三人はいずれも4番を打つような強打者です。それに対して、醍醐さんは7番、8番を打つ「下位打線」のバッターです。突然、4打席連続本塁打を放ったのはほとんど「奇跡」といっていいでしょう。実際、この1971年に醍醐さんが打ったホームランは10本。そのうち4本が2日間に集中したのですから、「どうなってるんだ?」と思いますよね。この突然のバカ当たりは、よく「プロ野球の意外な記録」みたいな本には必ず出ていましたね。その後、田淵幸一さん、古田敦也さんも「4打数連続ホームラン」を放っていますが、こちらはあくまでも「4打数」で四死球を挟んでいます。掛け値なしの「4打席」連続ホームランを放った捕手はプロ野球史上、醍醐猛夫さんだけなのです。

すでに「ロッテ・オリオンズ」となっていた1970年に濃人渉監督に率いられパ・リーグ優勝を果たしたときは、醍醐さんはバリバリの正捕手でジャイアンツ相手の日本シリーズにも全試合先発出場しました。6連覇を果たした巨人の壁は厚く、1勝4敗で負けてしまいましたが、木樽正明さん、成田文男さん、小山正明さんという3本柱をうまくリードしていました。60年代半ばから70年代初めあたりまで、オリオンズのホームベースを守り続けた醍醐猛夫さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

梅宮辰夫さん、『仁義なき戦い』一瞬の表情

昨日の当ブログ「追悼・梅宮辰夫さん」でも書きましたが、梅宮辰夫さんは演技というより、梅宮さんという俳優が生きてきた時間の集積みたいなものがイメージを形作っているような存在感を見せる人だと思います。「夜の青春シリーズ」、「帝王シリーズ」といった風俗映画で「ひも」や「スケコマシ」「ジゴロ」といった役を延々と演じてきました。これらはメインの映画の添え物として公開されていた作品で、高倉健さんや鶴田浩二さんといった東映の「顔」といえるスター映画に対して、あくまでB面という感じでした。梅宮さんはニューフェイス5期生ですが、デビューは「第二東映」ですから、いわば二軍スタートです。しかし、そういうB面を生きてきた「俳優」と「役」が混じりあって味を出したように思います。『前略おふくろ様』で演じた、板前の秀次役もまさにそうで、最初にキャストされていた小林旭さんだと、「華」がありすぎるように感じます。

そんな梅宮さんの「味」がよく出たと思うのが、『仁義なき戦い』(1973 深作欣二監督)だと思います。実録路線の嚆矢となった日本映画の歴史に残る名作ですから、説明するまでもないですね。梅宮さんの訃報を伝える新聞、ニュースでも「『仁義なき戦い』などに出演の梅宮辰夫さんが亡くなる」という説明をしていました。この『仁義なき戦い』第1作で、梅宮辰夫さんが扮したのは「若杉寛」というヤクザで、主人公の広能昌三(菅原文太さん)がムショの中で出会い、お互いの腕の血をすすって兄弟分になります。この若杉はカミソリで割腹するという荒技で出所を果たす、度胸たっぷりの男です。上田(伊吹吾郎さんの腕を叩き斬るハードな場面もあります。

若杉はのちに出所した広能の兄貴分として、敵対する組同士の抗争を抑えようと山守親分(金子信雄さん)の側につきますが、裏切られ槙原政吉(田中邦衛さん)のチンコロ(密告)で警察に追いつめられ射殺されてしまいます。映画の中盤あたりで死んでしまうので、出番はそんなに多くないのですが、この「若杉寛」という男は何だか気になるのです。妙に印象に残るのです。かなりの戦歴を誇るヤクザですが、何だか周囲のヤクザたちに馴染んでいない孤独感みたいなものを感じさせるのです。

警察に追われて、愛人の実家らしき家に潜伏するのですが、いよいよ警官隊が踏み込んでくるというとき、若杉は学生服のマントを着込み変装して「テンプラに見えんかのう」なんて言いながら布団をかぶり隠れます。そして、ついに警官が布団を引っぺがすと若杉は拳銃を構え、銃口を向けているのですが、このときの表情が何だか不敵なんですが、うっすらと微笑を浮かべているように見えます。劇中、「若杉寛」の来歴など語られないのですが、この、一瞬の表情は「若杉寛」という人物の生い立ちやそれまで生きてきた軌跡を想像させてしまうのです。人生の悲哀や無念ややりきれなさを滲ませていて、これは梅宮辰夫さんでないと出せなかったのではないかと思います。延々とB面を演じ続けた梅宮さんのキャリアの年輪を感じさせるのです。名場面、名セリフの多い『仁義なき戦い』ですが、僕はこの梅宮辰夫さんの一瞬の表情のために少なくとも10回は観ています。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ