ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

京マチ子さんの「芸名の由来」と「踊りへの矜持」

ひとう前の当ブログで、京マチ子さんが小学校を出て「大阪松竹少女歌劇団」に入団した話を書きました。小さい時から「踊りは大好き」だった京さんは10代の日々を舞台で活躍され、祖母、母との暮らしを支えました。その「京マチ子」という芸名は、お祖母さんとお母さんがつけられたそうで、歌劇団の上級生に「京町」という名字の方がいて、それを半分に割って「京マチ子」にしたといわれますが、もうひとつの説として、当時、新宿の「ムーランルージュ」で大人気スターだった「明日待子」さんに因んでお母さんがつけたというものがあります。当ブログ2016年10月2日「元祖・会いに行けるアイドル」でも、書きましたが(また、5月7日「『なつぞら』と新宿ムーランルージュ」も参照)、今のAKBグループのように、「ムーランルージュ」を連日、満員にした当時のアイドル「明日待子」にあやかって、劇場に観に来てもらうアイドルを目指したというのは信憑性があります。東の「明日=あした」に対して、西の「京=きょう」というわけです。
ともかく、最初はバックで脚を振り上げるその他大勢だった京さんですが、1940年(昭和15年)には初めて台詞のある役がつき、しだいに大きな役をやるようになっていきます。それで松竹映画『天狗倒し』(1944 井上金太郎監督)、『団十郎三代』(1944 溝口健二監督)に出演となるのですが、舞台の調子で大声で発すると「声の大きさをセーブしなさい」と注意されたり、映画の演技に慣れず、撮影中も早く「大阪松竹少女歌劇団」に戻りたいとばかり思っていたそうです。
敗戦後、「大阪松竹少女歌劇団」の幹部に昇進、そのダイナミックな踊りで注目を浴びるようになります。1948年、浅草国際劇場で京さんは全身を黒く塗り南洋の女に扮してブギウギを踊っているのを大映のプロデューサーが目をつけてスカウトします。戦前のおしとやかな日本的な女優とはまったく違うタイプを探していたことがうかがえますね。時はあたかも、笠置シヅ子さんの唄う「ブギ」が当たりました。京さんも「東京松竹少女歌劇団」との合同公演で「日劇」に出て「七面鳥ブギ」を踊ったのが大受けしたことが語り草になっています。
こうして、新しい時代が求めるリズムに合致した京さんは1949年(昭和24年)大映に入社。その豊満な肢体とダイナミックな踊りを活かした役が続きます。踊りの好きな京さんは「大映に入ってしばらくは音楽を聞くと踊りたくてムズムズしていました」と言っていますが、京さんがこの当初のイメージだけだったら、「肉体派」として消費されて、何年後かには消えていたかもしれません。次々に女優が登場する映画界、そういった末路をたどった人はたくさんいます。しかし、京さんは「踊り子役が続くと、逆にだんだん抵抗を感じるようになった」と、演技にも精一杯ぶつかってやろうと思います。それは、歌劇ではたっぷりリハーサルに1か月かけるのに、映画では「その場で振り付けして、はい本番みたいなことを言われる」と、映画スタッフが、踊りなんて簡単にできると軽く見ていることに対しての意地もあったそうです。
そんな気概を持っていた京さん、翌年には大映にやって来た『羅生門』(1950 黒澤明監督)に出演、ご存知のように「ヴェネチア国際映画祭グランプリ」や「米アカデミー賞最優秀外国語映画賞」を獲得、一躍「グランプリ女優」となるのでした。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・京マチ子さん デコちゃんと同年生まれ、戦後にスターに

5月12日に女優の京マチ子さんが亡くなりました。95歳です。京さんは1924年(大正13年)のお生まれですから、令和になった5月に亡くなり、大正、昭和、平成、令和と4元号を生きたことになります。ちょうど今年の2月から3月にかけて「角川シネマ有楽町」で「京マチ子映画祭」という特集上映が開催されていて、僕も未見だった『浅草の夜』(1954 島耕二監督)を観に行きました。売店にあったパンフレットを立ち読みしたら、京さん直筆のメッセージが掲載されていましたから、お元気なのだと思っていました。
京マチ子さんは1924年3月25日生まれ、その二日後の27日に高峰秀子さんが誕生しております。ほぼ同じ頃に生まれたお二人ですが、高峰秀子さんは子役として1929年(昭和4年)に松竹蒲田に入社、立て続けに映画に出演、人気者になります。一方、京さんの映画初出演は昭和19年です。『天狗倒し』(1944 井上金太郎監督)という作品で、続いて『団十郎三代』(1944 溝口健二監督)に出ています。この2本は当時所属していた「大阪松竹少女歌劇団」から引っ張り出されたものなので松竹映画です。この時点で京さんは19か20歳ですが無名、同じ頃、既に高峰さんは子役から国民的アイドルとなっています。戦地に赴いた若い兵隊たちもデコちゃんのブロマイドを持っていく人が多かったのです。
高峰さんが『秀子の応援団長』(1940 千葉泰樹監督)や『秀子の車掌さん』(1941 成瀬巳喜男監督)といった自分の名前を冠した映画も作られていた頃、京さんは小学校を出てすぐの1936年に入った「大阪松竹少女歌劇団」で舞台に立っていました。こうして、同じ芸能の世界に身を置きながら全く違う軌跡を辿っていたお二人ですが、共通するのはまだ少女といっていい年頃に家計を支えていたということです。高峰さんが複雑な家庭を支えたのは有名ですが、京さんは幼い頃に両親が別れ、祖母と母の女手で育てられました。小学校のときに、叔父さんに連れていってもらった「大阪松竹少女歌劇団」に念願の入団を果たしたのですが、当初「宝塚音楽歌劇学校」に入るつもりだったそうです。しかし「宝塚」の方は3年間学科も学ぶ期間が課せられているということで、より早く舞台に立てる「大阪松竹少女歌劇団に入ったのです。貧しかった家計を早く助けたかったのでしょう。また「とにかく踊りが好きだった」という京さんが、戦後、スカウトされ本格的に映画界に入ったのも、「祖母や母に楽をさせたい」思いがあったからでしょう。
しかし、1949年大映に入社、すでに24歳という女優としては遅いスタートをしたことが逆に、伸びやかに自由を謳い、肉体を開放する「戦後」を象徴するスターという絶好のタイミングとなったのです。
多くの映画でその魅力をフィルムに刻みつけた京マチ子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

我がミューズ、芦川いづみさんの肉声を聴きました

昨日の当ブログで、星由里子さんの遺作となった『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』(2019 小林聖太郎監督)を取り上げました。劇中、藤竜也さんと倍賞千恵子さんが「結婚50年」の夫婦を演じますが、藤竜也さんは奥様の芦川いづみさんと1968年後結婚ですから、この映画を撮影されていた昨年2018年は実生活でも「結婚50年」を迎えられていたのです。
結婚当時、藤竜也さんは若手俳優として頭角をあらわした頃で、主役スターではありませんでした。ですから、日活を支えてきたスター女優の芦川いづみさんと結婚することに、会社や周囲の人に猛反対されました。しかし、藤さんは敬愛する石原裕次郎さんに相談に行き、裕次郎さんに背中を押されて結婚します。藤さんは『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』で演じた夫ほどではないですが、「昭和」の男ですから、結婚後もひとりでブラッと旅に出たり、「道楽亭主」と自称されていましたが、4年前に出された著書「現在進行形の男」(宝島社)を読むと、本当に芦川さんを愛しているのだなあと分かります。「今も家内に片思い中」とか、なかなか書けないですよ。
一昨日、5月19日夜、TBSラジオ「こんばんは吉永小百合です」を聴いていたら、「私のストレス解消法」というお題に「映画館に行くことです。今、芦川いづみさん特集に通っています」というリスナーからの手紙が読まれました。吉永さん、これを読んだあと「神保町でやっていたんですよね。私もできることなら行きたかったです。芦川さんは本当に優しい先輩で、私が日活に入って何とかやっていけたのは芦川さんのおかげ」と感謝を述べ、上映作品については「特に『硝子のジョニー 野獣のように見えて』(1962 蔵原惟繕監督)では、いつも可憐ないづみちゃんがジュリエッタ・マシーナみたいで素晴らしい作品ですから、またどこかで上映されたら観てくださいね」と話しました。
ここで話題になった「神保町シアター」で3月下旬から4月にかけて開催された「芦川いづみ デビュー65周年記念スペシャル」には、僕も行きました。実は、この映画館で芦川さんの特集をやるのはこの3年半で4回目だし、観たことある作品ばかりだったのですが、今回上映前に、芦川さんの肉声メッセージが流れるというので行ったのです。「神保町シアターにお越しの皆さん……」と呼びかけるお声は少々か細くはなっていたものの、まぎれもない芦川さんの優しいお声で、僕はいい年して感激してしまいました。
芦川さんは結婚を機に、すっぱり女優を引退、以後はまったく表舞台に出てきませんから、最後の出演作『孤島の太陽』(1968 吉田憲二監督)以来、50年ぶりに耳にした貴重なお声でした。最近、芦川さんのDVDが次々にリリースされるとのことで、週刊誌などでも特集が組まれていますね。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「文芸坐しねぶてぃっく」と宮崎祐治さんの名画座愛

昨日の当ブログで紹介した宮崎祐治さんが藤田美智子さんと共作で自費出版した「二人で映画を」を入手したのは、旧・「文芸坐」と「文芸地下」の間にあった「文芸坐しねぶてぃっく」です。ここは、映画の本やグッズなどを売っている店で、僕も映画を観に行った帰りによく寄ったものです。5月18日の当ブログにも書いたように、宮崎さんは「キネマ旬報」に載る文芸坐の広告や文芸坐のポスターを手掛けていました。そうそう、「しねぶてぃっく」で買うと、商品を宮崎さんのイラストがプリントされた袋に入れてくれました。今回の「国立映画アーカイブ」の展覧会にも展示されていましたが、僕も一枚、記念に保持しております。
そのように「文芸坐」と深い縁がある宮崎祐治さんです(現在の「新文芸坐」のマークも宮崎さんの作)から、しねぶてぃっく」に「二人で映画を」が置いてあったのでしょう。運良く、ゲットすることが出来ました。そして、このしねぶてぃっく」の店長をしていたE氏という人物が、初代「ジャッピー!編集長」であります。E氏が雑誌の「仲間募集」欄で同人を募り、集まって映画ミニコ「ジャッピー!」は生まれたのです。(僕の場合は「シティロード」誌のそれを見て) 
1997年3月6日を持って「文芸坐」は閉館。併設されていた「しねぶてぃっく」も当然ながら閉店となり、その直前に地下にあった「ル・ピリエ」という普段は演劇をやっていた小ホールを使って、映画本やグッズの割引き処分セールが開かれました。もちろん僕も期間中、足を運びましたが、僕が会場に入ると、流れていたBGMが「仁義なき戦い」に変わりました。僕が入ってきたのを見たE氏のはからい?でした。そんな思い出もあるE氏ですが、その年「ジャッピー!」9号を出したあと、亡くなってしまいます。
文芸坐の番組表である「しねうぃーくりー」のエッセイ欄にE氏はかつて、「映画で受けた恩は映画で返したい」というようなことを書いていました。僕は「ジャッピー!編集長」を引き継いで、この言葉をいつも思い出していました。そんな思いは、特に、安くいろんな映画を見せてくれた「名画座」への思いを重なります。僕の世代では、「名画座」に通い、そこで出会った映画たちにどんなに救われたり、励まされたか分からないのです。ですから、「名画座」への思い入れは大きいのです。
宮崎祐治さんもかつて「シティロード」で「名画座」についての連載をしていて、その中で「観客が減少する中、名画座のスタッフがいかに良い番組を組もうか頑張っているか」と書き、エールを送っていました。僕はこの「名画座愛」だけで、宮崎さんは信頼できる人だと感じました。
昨年、「しねぶてぃっく」でE氏の部下だったN氏が亡くなったことを聞きました。旧・文芸坐のあと、「シネマスクエアとうきゅう」や厚木の映画館、そして一昨年、新宿の「シネマカリテ」で17~18年ぶりに再会したばかりでした。初期の「ジャッピー!」にも寄稿してくれた人でした。おそらくまだ40代だったと思います。「しねぶてぃっく」の記憶からE氏や、N氏のことを思い出しました。こうして生き残っているのに、お前は映画への恩を返しているか、名画座への恩を返しているかと自分に問いかけ情けない気持ちです。何とか「ジャッピー!」を復活させたいと思っている令和の5月です。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

星由里子さんの遺作『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』

先週、新作映画『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』(2019 小林聖太郎監督)を観に行きました。原作の漫画は読んだことがありませんが、前に観て良かった『娚(おとこ)の一生』(2014 廣木隆一監督)と同じ原作者(西炯子さん) だし、  同じ監督の小林聖太郎さんは前に松坂桃李さん主演の『マエストロ!』(2015 小林聖太郎監督)が良かったし、脚本の本調有香さんも『人のセックスを笑うな』(2008 井口奈巳監督)などいい作品を書いているので、作り手にこれだけ信頼できる人が集まっているならと観に行きました。
そして、もう一つ、昨年5月16日に亡くなった星由里子さんが出演なさっていて、遺作ということもあります。ストーリーは、藤竜也さんと倍賞千恵子さん演じる夫婦が、倍賞さんの可愛がっている猫がいなくなってしまったことを切っ掛けに夫婦のズレを感じたり、お互いを見つめ直すというものです。藤さんが扮する夫はリタイヤして今は「相談役」みたいな感じで会社には週2回行く程度、ほとんど近所の「将棋クラブ」で時間を過ごしています。口数は少なく、帰宅すると靴下も妻に脱がせてもらうような典型的な「昭和」の亭主関白オヤジです。倍賞さんはこれまた「昭和」の奥さんという感じでかいがいしく世話をしてきましたが、猫がいなくなっても心配もしてくれない夫に呆れます。「私と同じ気持ちになってほしいのよ!」という言葉が印象的です。藤さんがこっそり星由里子さんと会っていたことが発覚したり、家出して娘(市川実日子さん)の所にころがりこんだり小さい騒動が起こりますが、最後はまあ穏やかにおさまります。タイトルに「初恋」と付け加えられていることもポイントですね。令和に登場した「小津安二郎映画」といった味わいのとても良い映画でした。
星由里子さんと倍賞さんは、若い頃、国鉄の駅のミルクスタンドで働いていた同僚で、そこに毎朝決まった時間に寄っていたのが若き日の藤さんという設定です。忙しそうにビン牛乳のフタをとるシーンで「ふたあけ」が活躍します。当ブログの第一回にcocorinさんが書かれた2015年11月12日「牛乳瓶のふたあけ」を是非、ご参照ください。
星さんは藤さんと密会?といっても、カフェみたいな所で談笑するだけで、座っているシーンだけです。もしかしたら、星さんはお具合が悪かったのかもしれません。出番も少ないながら、変わらぬ美しさですし、印象に残る役でした。
劇中、藤さんと倍賞さんの夫婦は結婚50年という設定でしたが、実際の50年前というと、倍賞千恵子さんは
『男はつらいよ』(1969 山田洋次監督)がスタートし、「さくら」になった年。藤竜也さんは「日活ニューアクション」を担う若手俳優として『野獣を消せ』(1969 長谷部安春監督)で渡哲也さんに敵対するグループのリーダー
を演じたりしていました。そして、星由里子さんは前年の『リオの若大将』(1968 岩内克己監督)で「澄子」を卒業、新たなステップに入ったころでしょうか。いずれにしても、松竹、日活、東宝と別々の会社でそれぞれのカラーの作品で活動なさっていた3人が50年経ってこうして共演しているのは、何だか感慨深いものがあります。
それにしても、星さんが亡くなられてもう1年経ってしまったのですね。まったく早いものです。当ブログ2018年6月21日「追悼・星由里子さん」から27日にかけて集中的に書いていますのでご参照ください。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ