ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

ありがとう、池袋の喫茶店「ハイマート」

僕は今、「ハイマート」ロスなのです。何のことか分からない方がほとんどと思いますので説明します。「ハイマート」というのは、池袋東口にあった喫茶店で、今週の15日(火)に閉店となってしまったのです。
この「ハイマート」は、東口から歩いて3分ほど、三越の裏手にあるビルの2階にある大箱の喫茶店です。今、「三越」と言いましたが、この老舗デパートも無くなり今や「ヤマダ電機」となっています。ここは今どきコーヒーが340円!というリーズナブルな値段でもあり、僕は本当によく来ておりました。僕の場合、映画の上映まで時間があるときや、観終わって映画を思い返したり余韻に浸ったり……。特に、「文芸坐」が近くにあるので、朝一番の回から観るときなどは、ここで「モーニング」を食べてから行くということもよくあったなあ。その「モーニング」、いくつか種類がありましたが、僕が食べていたAセットは、トースト、サラダ、飲み物(コーヒーOR紅茶)、オレンジジュース、ポテトチップ少々というセットで400円。これも安かった! という風に僕の中では、映画と喫茶店は完全にセットになっています。なので、数々の昭和の名画座の閉館に直面してきた僕にとっては、それらと同じような喪失感を覚えているのです。
「ハイマート」は昭和30年!に開店、内装も古びているし、昔風の長ソファ、テーブル席の椅子も古い形ですが、妙に落ち着くのです。今は、スターバックスなどの大手「カフェ」チェーンがそこら中にできており、どこに行っても同じような店舗、味、サービスとマニュアル通りになっていく様はまるでクローンが増殖するようで街を無機質でつまらなくしているように思います。ちょうど、巨大シネコンが次々にできて、街の小さな映画館や名画座が消えていった時期と重なります。そして、平成も残りわずかになったこの1月、昭和の匂いがする喫茶店が閉店……。特に、僕はひとつの店や場所に居つく性質(たち)なので、これからどうすればいいのかと途方に暮れてしまうのです。
最終日の15日、いつもテキパキと働いていたウエイトレスの方に初めて声をかけました。お客様で賑わっているのにどうして閉店してしまうのですか?と訊くと、「オーナーの方が高齢でここらで……という判断されたみたいです」とのこと。ああ、そうか、頑張ってこられたんだなあと思い、「お疲れさまでした」と言って店を出ました。
「昭和レトロ」みたいに雑誌で話題になることもない、ごく普通の喫茶店ですが、いつも(空いていれば)窓際の席に座り、そこから通りを行き交う車や、横断歩道を渡る人の流れをぼんやり見たり、新聞や本を読んだり……僕が膨大な時間を過ごした「ハイマート」の記憶と感謝の気持ちを残したく書きました。さようなら、そしてありがとう「ハイマート」。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・ニコラス・ローグ監督 忘れられない「美しき冒険旅行」

昨年11月23日に映画監督のニコラス・ローグさんが亡くなりました。90歳です。映画界でのキャリアは長く、戦後すぐ映写技師から映画会社に入り、編集見習いなど下積みを10年近くつとめ、撮影担当となります。「アラビアのロレンス」(1962 デヴィッド・リーン監督)の撮影(フレディ・ヤングさんと共同)など大作から、「華氏451」(1966 フランソワ・トリュフォー監督)など多くの作品に関わりました。その後、監督となり、僕のように1970年代に映画にどっぷりハマった世代にとっては忘れられない一人です。最初に観たのは「美しき冒険旅行」(1971 ニコラス・ローグ監督)で、オーストラリアの砂漠のような土地を姉弟が彷徨い歩くというものです。当時読んでいた「ロードショー」誌にジェニー・アガタ―さんが全裸で水浴びするシーンがあると書いてあったので、それ目当て(スケベ心丸出し)に観に行きましたが、当時はかなりボカシが入っていました……。しかし、ちょっと文明批判みたいな視点があり、何よりローグさん自身の撮影の映像が、乾いた空気や水の質感まで感じさせるようで強く印象に残りました。ずっともう一度観たいと思っていたところ、のち新宿高島屋の中にできた「テアトル・タイムズスクエア」という映画館でリバイバル上映があり、駆け付けました。今度は「WALKABOUT 美しき冒険旅行 」と原題付きのタイトルとなり、「完全版」! そう、もうヘア・ヌードも当たり前の時代になっていたのです。ともかく、一生観れないと思えた「完全版」を観れて、あらためてこの映画がカメラが捉えた「自然」の美しさを堪能したのです。すでにスケベ心もない冷静?な視線で見ても、この大自然の中で「ボカシ」を入れることの方が「いやらしい」と感じました。
ちなみに、この「テアトル・タイムズスクエア」はスタジアム型の座席で巨大なスクリーンでいい映画館でしたが閉館してしまい残念。
この撮影時、ジェニー・アガタ―さん16歳、本当に瑞々しく美しかったなあ!(弟を演じたのがニコラス・ローグ監督の実の息子で当時7歳)撮影には4か月もかけたといい、撮影前、ジェニーさんは監督からシドニー・ノーランさんが描いた「奥地」という絵画を見せられイメージを与えられたといいます。のちにアート・ガーファンクルさん主演で撮った「ジェラシー」(1979 ニコラス・ローグ監督)はクリムトさんの絵画をモチーフにしていたし、さすがカメラマン出身の監督らしい画作りです。また、デヴィッド・ボウイさんが美しい宇宙人を演じた「地球に落ちてきた男」(1976 ニコラス・ローグ監督)を観たとき、干からびた星の風景が「美しい冒険旅行」の荒涼とした砂漠地帯を彷彿させましたし、「美しき冒険旅行」にはローグ監督の原点があるように思います。
その映像美で魅了したニコラス・ローグ監督のご冥福を心よりお祈りいたします。
明日1月19日、池袋の新文芸坐にて1日かぎりのニコラス・ローグ監督追悼上映があります。「WALKABOUT 美しき冒険旅行」と「地球に落ちてきた男」の2本立てです。お時間ある方は是非、大きなスクリーンでご覧ください。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・天地総子さん 昭和のCMソング女王

年が明けてまもなくの1月6日に歌手、女優、タレントの天地総子さんが亡くなりました。78歳です。天地さんといえば、美しい声が思い出されます。たしか、お父さんがピアニストで音大付属高校を出ておられるので基礎ができているプロの歌手という感じでした。童謡やアニメの主題歌の他に数々のCMソングを歌われました。今回の訃報を知らせる記事でその数「2000曲」と知り、あらためてスゴイ!と思いました。まさに「CMソングの女王」です。♪パンシロンでパンパンパン~、♪ライオネス~コーヒーキャンディ~本場のコーヒーの味~、♪あ~らよ、出前一丁~、♪でんでん、でん六豆、うまい豆~ など、昭和世代だったら絶対誰でも知ってるCM、これらを天地総子さんが歌っておられました。
女優としても活躍されましたが、映画の印象はあまりなく、僕が覚えているのでは「トラック野郎 突撃一番星」(1978 鈴木則文監督)です。樹木希林さんの怪演で知られる作品(当ブログ2018年9月19日を参照)ですが、サブストーリーで玉三郎(せんだみつおさん)が社長になっているというウソをついたために、田舎から出てきた父親(辰巳柳太郎さん)をガッカリさせないように桃次郎(菅原文太さん)らがひと芝居うちます。知り合いの運送会社の社長(小松方正さん)に頼み、玉三郎を社長に仕立てあげ大騒動になります。小松さんの奥さん役が天地さんで、社長夫人なのに事務員扱いされ笑いをさそいます。
そして、何と言っても天地総子さんといえば、NHKの「連想ゲーム」です。紅組のキャプテンを長らくつとめ、白組キャプテンの加藤芳郎さんとともに「連想ゲーム」の顔でした。土曜の夜(のちに水曜19時半~)に、キャプテンがヒントを出し、解答者が「お題」を当てるというシンプルなゲームを楽しんだものです。よく、加藤さんが苦し紛れにわざと違反ヒントを繰り出しましたが、天地さんはペースを崩さず、頭の回転のいい人だなあと思いました。子供心にちょっと憧れの人と感じていました。
今週14日たまたまNHKの「ファミリー・ヒストリー」(この日は「堺正章さん」のルーツをさぐる回)を見ていたら、1968年にお父さんの堺駿二さんが舞台公演中に亡くなったときに天地さんが共演していたとのことで、コメントを述べていました。(「天地総子さんは1月6日に亡くなりました」のテロップが出ました) 久々に拝見した天地さん、相変わらずお綺麗で、78歳とは思えない若々しさでした。
歌やドラマ、司会などで活躍され、僕たちを楽しませてくれた天地総子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「黒の斜面」市原悦子さんの名演を見よ

昨日の当ブログ「追悼・市原悦子さん」でちょっと触れた「黒の斜面」(1971 貞永方久監督)は加藤剛さんと岩下志麻さんの主演。そうです、松本清張さん原作「潜在光景」を映画化した「影の車」(1970 野村芳太郎監督)と同じコンビです。(当ブログ2018年6月12日「岩下志麻さんと子役」もご参照ください)おそらく「影の車」がヒットしたので続けて企画されたのでしょう。この時期の岩下さんといえば、「内海の輪」(1971 斎藤耕一監督)、「嫉妬」(1971 貞永方久監督)「影の爪」(1972 貞永方久監督)とサスペンス映画の女王という感じでした。
「黒の斜面」は、加藤剛さんが部長から大阪出張を命じられるところから始まります。大金を持って取引に行くので課長昇進のかかった大事な仕事です。取引は明日ですが、今夜の飛行機で行くよと家を出ます。次の場面がいきなり加藤さんと市原悦子さんのベッドシーンでちょっと驚かされます。加藤さんは愛人の市原さんの部屋で一泊してから出張しようとしているのです。ベッドから離れた加藤さんがシャワーを浴びている間に、聞こえるように市原さんは「出会いからの二人のこと」を延々と語ります。この「ひとり語り」、さすが後年の「日本昔ばなし」の語り部になるのを予感させる巧さです。さらに「ねえ、あなたの奥さん、一度見たことあるのよ。あんなキレイな奥さんいてどうして私を抱いたの? 同情? 何なの?」(←市原さんの声、口調を思い浮かべてください)とネチネチと話しかけ、加藤さんを絶対離さないという意志が滲み出ます。
そして、テレビに「飛行機墜落事故」の臨時ニュースが映ります。加藤さんが乗っているはずの飛行機です。市原さん、シャワーを浴びている加藤さんには黙っていて、翌朝、加藤さんが知ったときには既に自分が搭乗者として死んだことになっています。小心な加藤さん、今さら大金を持ったまま愛人の家にいて助かったと申し出ることができません。上司から叱責されること必至です。市原さんは「あなたは亡くなったことになっているのよ。私とどこかでひっそり暮らしましょう」と迫ります。これを狙って「事故」を黙っていた市原さんに激高した加藤さん、思わず首を絞めますが殺せません。ズルズルと市原さんの部屋に身を潜めます、というかほとんど市原さんに軟禁されているようなものです。巣にかかった獲物にじわじわと近づくような粘着質の女、まさに市原悦子さんの独壇場です! 
市原さんの演じる女は小さなガラスの動物をコレクションしていて、監禁状態にイライラした加藤さんがその動物の置物を乱暴に扱うと、「何するのよ! 私が大事にしてるのに!」と市原さんがすごい剣幕で怒鳴ります。、孤独な女性を表す見事な小道具になっているこの置物、テネシー・ウィリアムズさんの「ガラスの動物園」を思わせます。もしかしたら、舞台人だった市原悦子さんのアイデアだったのかもなどと思いました。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・市原悦子さん 「青春の殺人者」と「黒の斜面」

1月12日に女優の市原悦子さんが82歳で亡くなりました。時々、NHKの「おやすみ日本」の中で市原さんが「語り」となさっている「日本眠いい昔ばなし」を聴いていたのでお元気なのかと思っていましたが……残念です。昨年、常田富士男さんが亡くなっているので(当ブログ2018年12月23日に「追悼・常田富士男さん」を書きました)「日本昔ばなし」の名コンビがいなくなってしまったわけです。本当に「昭和」が遠くなったと感じます。
その「日本昔ばなし」と並んでTVの代表作が「家政婦は見た!」シリーズで、市原さんの訃報を伝えるニュースや記事もだいたいこの2つを見出しに掲げていました。「家政婦は見た!」は僕も初期の何作か観たことがありますが、雇われた家庭(その家政婦さんを雇うぐらいだから大抵セレブ)の恥部や秘密をのぞき、最後は破滅させてしまうコミカルかつブラックな作劇が面白く、市原さん以外には考えられないハマリ役でした。雇い主から叱責されても「のぞき」「さぐり」を続けるしつこさが庶民の生命力を表しているようでした。
そんな市原さんの粘着質のキャラクターが炸裂した映画が「青春の殺人者」(1976 長谷川和彦監督)です。実話を基にした中上健次さん原作の映画化で、水谷豊さんが父親(内田良平さん)を殺害してしまいます。すると、夫の死体を目の前にしながら、息子に対して共犯性を押し出して、あろうことか息子を男として関係を求めるのです。当然のように水谷さんに拒絶されると、今度は無理心中を迫るという粘っこさ。このシーンにおける市原悦子さんの演技の熱量が圧倒的でした。この父母(内田さん&市原さん)は戦後を懸命に這い上がってきたという設定で、「親殺し」に至る水谷さんとの「世代」の断絶と衝突がテーマとしてあると思いますが、この映画が「キネマ旬報ベストテン1位」を獲得するなど名作となったのは、市原さんの存在抜きにしては考えられません。
あと、「黒の斜面」(1971 貞永方久監督)で愛人(加藤剛さん)をつなぎとめようと「飛行機事故」を隠し、加藤さんを死んだことにしてしまう女の役も市原さんならではの粘っこさでした。昨日、いくつかスポーツ新聞なども見ましたが、「主な出演映画」の欄に「青春の殺人者」も「黒の斜面」も書かれていませんでした。せいぜい日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞された「黒い雨」(1989 今村昌平監督)をあげているぐらいで、記者には「何か大事なものを忘れちゃいませんか」と言いたくなります。
女優、声優として、数々の映画、TVドラマ、舞台で活躍された市原悦子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 浅草にて平成最後の初詣風景
  • 「クイーン」と「ミュージック・ライフ」の時代
  • 追悼・角替和枝さん
  • 追悼・バート・レイノルズさん
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ