ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

「一滴」としての自分~村上春樹さん『猫を棄てる』を読んで

当ブログ6月2日に「『騎士団長殺し』と『猫を棄てる』」を書きました。『騎士団長殺し』を読了して「文藝春秋」6月号に掲載された『猫を棄てる――父親について語るときに僕の語ること』を読んで、何だか村上さんを身近に感じたのです。ノーベル文学賞をとろうかという大作家に対して、「身近」は失礼極まりないですが、本当にそんな感じなのです。
今まで村上春樹さんの本は欠かさず読んできたので、僕はまあ「村上ファン」と言っていいと思いますが、ストーリーテリングの鮮やかさや、比喩の巧みさといったテクニックにうなる一方、描かれる主人公や登場人物のアーバンな生活ぶりはちょっと鼻につくものを感じていました。乱暴にいえば、「立ち食い蕎麦をすすっている」自分と「パスタを茹でている間にクラッカーをつまみワインと食す」村上さんとは所詮住む世界が違うのだというような。自分とは「育ち」の違う芦屋のお坊ちゃん的な感覚はすごく「遠い」ものに思えていたのです。それが、今回、『騎士団長殺し』の中で、雨田という画家が認知症になって入っている施設を訪れる描写など読んで、「あれ、今までとちょっと違うな」と思い、その小さな予感は『猫を棄てる』を読んで補足されました。この文によると、ほとんど絶縁状態だった父親とは、亡くなる少し前に「和解」のようなことを行い、否応なく父と自分を繋ぐ縁のようなものを感じたといいます。そして父親の死後、関係する人に会ったりしてルーツを辿るように調べたそうです。それは、村上さんはもちろん現役バリバリの作家ですが、突っ走ってきたスピードを落として、登ってきたコースを振り返ってみる歳になったということでしょう。この文章によれば、お母さんももう記憶が曖昧になっているようなことを書かれていますから、否応なく「現実」がそういうことを考えさせるのかもしれません。
僕も今まで普通に「未来」を考えて生きてきましたが、その分量の残りの少なさも感じるようになって、「こうして自分がここにいること」を深く考えるようになりました。村上さんは『猫を棄てる』の最期の方でこう書いています。ちょっと長くなりますが、引用します。
「言い換えれば我々は、広大な大地に向けて降る膨大な雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。固有ではあるけれど、交換可能な一滴だ。しかしその一滴の雨水には、一滴の雨水なりの思いがある。一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある。我々はそれを忘れてはならないだろう。たとえそれがどこかにあっさりと吸い込まれ、個体としての輪郭を失い、集合的な何かに置き換えられて消えていくのだとしても。いや、むしろこう言うべきなのだろう。それが集合的な何かに置き換えられていくからこそ、と。」
深く心に刺さる文章です。僕は、こうして生を受け、一滴の雨水として何を受け継いただろう。大地に何か恵みをもたらす一滴になっただろうか……。教員時代を思い返せば、もしかしたら僕の一言で励まされたり、気持ちが楽になった生徒もいたかもしれないし、あるいはこの前「東京ろう映画祭」で字幕を作って、目の不自由な方の何らかの役にたったかもしれない。しかし、それ以上に今まで人を傷つけたり、イヤな思いをさせたりということもあったからなあ……。いつ死が訪れて、僕という「一滴」の存在が無くなるかも分からない年齢になって、「一滴」の意味を考えてしまうのです。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

樹木希林さんと浅田美代子さん『エリカ38』

ひとつ前の当ブログで、大河ドラマ『いだてん』に昨日、高橋是清役で萩原健一さんが出ていたことを書きました。4月4日にNHK「クローズアップ現代」で放映された『ショーケン最期の映像 8年の素顔』を観ても、おそらく、もう体の調子は相当悪かっただろうということが分かります。それでも、体から発するオーラがハンパでなく、見事に首相役を演じていました。ショーケンのことだから、高橋是清のことも調べて、しっかり役作りされていたと思いますが、この眼光、存在感はショーケン自身の積み重ねた人生が熟成したものでしょう。生きていれば、これからどんな演技を見せてくれたか……あらためて残念に思います。
少し前に『エリカ38』(2019 日比遊一監督)を観ました。これには、昨年亡くなった樹木希林さんが出ておられます。この作品、62歳の女性が38歳と偽って資産家にウソの投資話を持ち掛け、何億円も騙し取った事件を基にしています。タイで逮捕されて、妙に若作りした格好が映し出され、ワイドショーなどで話題になりましたから覚えている方も多いと思います。この女性を演じるのが浅田美代子さんで、浅田さんのデビューとなった『時間ですよ』で共演以来、可愛がってもらった樹木さんが生前、浅田さんに主演を勧め、監督も決めるなどお膳立てしていたそうです。そして、ご自身も浅田さんの年老いた母親役で出演されています。
ちょっと変わった構成で、エリカ(浅田美代子さん)がどんどんお金を騙し取る過程が描かれる中、取材する窪塚俊介さんの質問に対して、被害にあった人たち(古谷一行さん、小松政夫さんなどが演じます)の証言が時折挿入されます。ワイドショーなどでは、スキャンダラスで一面的な部分でしか捉えられないのを、いろいろ多角的にアプローチしていくようで、一種のマスコミ批判になっています。古谷さんが「松葉杖ってあるでしょ。あれと同じだね……。あのとき(投資したとき)はそれが自分の支えになると思ったんだね……」などと言います。もちろん、怒り狂った投資家たち(佐伯日菜子さんなど)がエリカを責め立てるシーンもあります。るのですが、全体的には、「元を言えば、エリカも被害者のひとり」という論調が意外に多いのです。エンドロールには、実際の被害者の声も流れますが、そこでも「私たちもエリカになっていたかもしれない」という意見がありました。
劇中、エリカが子供時代、暴君そのものの父親、従うだけの母親のもと、貧しい生活を送っている回想シーンりますが、そこにテレビから流れる「1970年の万博」の映像がかぶさります。「人類の進歩と調和」を謳ったイベントから約50年、結局、日本が拝金主義の、「金」だけに幸せを見い出す国になったことを示すようです。なるほど、希林さんはこれが言いたかったのかなあと思ったのでした。
これが希林さん最後の作品かと思ったら、8月には『命みじかし、恋せよ乙女』(2019 ドーリス・デリエ監督)というドイツ人監督の作品にも出ておられるようです。病魔におかされながら、最後まで演じることを全うされたのです。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ショーケンと田中絹代さん

ひとつ前の当ブログで書いたように、『お吟さま』(1962 田中絹代監督)を最後に田中絹代さんがメガホンをとることはなくなります。観客動員が次第に下がっていって製作本数も縮小になったり、映画界のいろいろな状況もありますが、病気で寝たきりのお兄さんの介護もあったといいます。業病を知られたくないため、派出婦を雇えなかったので、長く付き人をしていた男性と二人で食事から下の世話までしていたそうです。それで、女優業の仕事も少なくしていましたが、その兄が1970年に亡くなり、田中さんは仏壇のお母さんに「全部の兄弟の面倒を見ましたよ」と言ったそうです。
そして女優に復帰しますが、すでにテレビの時代になっています。田中さんは「テレビの小さい画面」は好きではなかったそうですが仕方ありません。大河ドラマ『樅の木は残った』に出ます。そして、テレビドラマでは何と言っても『前略おふくろ様』です! 当ブログでも何度も取り上げました(2017年1月28日「『勝海舟』から『前略おふくろ様』」、2019年6月12日「ショーケンと倉本聰さんの完璧シナリオ」、6月17日「ショーケンと倉本聰さんの共闘関係」など参照)が、この『前略おふくろ様』は、倉本聰さんが自分のお母さんをモデルにしています。田中さん演じるお母さんは少しずつ認知症(←当時はこの言葉はなかった)気味になっていく感じで、実際の倉本さんはお母さんの介護でご苦労されたようです。劇中、サブちゃん(萩原健一さん)が田舎に残したお母さんに呼びかけるモノローグ、そして田中さんの独特のエロキューションで読まれる手紙……、リアリティがあるわけです。僕はこのドラマ、大好きだったのでまた観たいと思っていましたが、自分の母親が認知症になってしまった現在、ちょっと辛くて観れないというのが正直な気持ちです。
ショーケンは田中絹代さんに大先輩ということもあって「田中先生」と呼びかけたら、「先生と言わないで。お母さんと言って」と言ったそうですから、普段から母子の役作りに入っていたのかもしれません。ショーケンは田中さんが今まで出てこられた巨匠たちの話をずいぶん訊いたそうです。田中さんは「あの方々は、人の魂を食べて生きている」と答えたといいますから、かつての監督と女優の激闘ぶりが分かります。
そして、1977年3月、田中絹代さんが亡くなったのは『前略おふくろ様2』の劇中、サブが母の死を知る回の3日後でした。翌週の回の葬儀シーンは、演じていた田中絹代さんご自身の死とシンクロした感じでよく覚えています。まるで、ドラマに合わせたような……そういう意味では「舞台の上で亡くなった」ような女優冥利につきる亡くなり方だったようにも思います。
田中絹代さんが亡くなったのは67歳。考えてみれば、ショーケンの享年は68歳ですから、あのときの田中さんの年齢を越えたわけです。昨日、大河ドラマ『いだてん』でショーケンが高橋是清役で出ておられました。出番は少なかったですが、さすがの貫禄と存在感でした。田中絹代さんと同じように死ぬまで、役に没頭したのだなあと感慨深いものがありました。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

メロドラマとテーマ性、田中絹代監督『お吟さま』

昨日の当ブログ「映画監督としての田中絹代さん」で書いたように、田中絹代さんは映画監督としても堅実な成果を残しましたが、6作目『お吟さま』(1962 田中絹代監督)を最後に監督としてのキャリアを終えます。
今東光さんの原作の映画化で、千利休(中村鴈治郎さん)の娘・吟を有馬稲子さんが演じますが、これが実に美しく、衣装も息をのむほど綺麗です。また、宮島義勇さんの撮影も絶品です! 吟はキリシタン大名の高山右近(仲代達矢さん)を慕っていて右近にもらった署名入りの聖書を大事にしています。しかし、右近には妻もいるためハッキリしません。吟には、石田三成(南原宏治さん)が勧める縁談があり、返事をする期限が迫ってきます。このとき、吟が右近を訪ね、気持ちをぶつけます。「私は女の命をかけて参っております!」という科白を放つ有馬さんの熱演もあり圧巻のシーンです。田中絹代さんといえば、小柄で言葉つかいも丁寧でたおやかな感じですが、溝口健二監督作品で鬼気迫るような「女」を演じて、「獣の匂いがする女優」と称された方です。やはり、内に秘める「女の情念」が監督作でも迸ってしまうのでしょう。
吟は結局、三成が勧める廻船問屋(伊藤久哉さん)に嫁ぎます。そしえ2年が過ぎ、テキパキと働きますが、心はどこか抜け殻のようです。伊藤さんはネチネチと「お前はまだあの大名を慕っているのだろう!」となじります。伊藤さんは三成の描いた謀略にのって、吟と右近を再会させ、それを「密会」として、右近を罰して片付けてしまおうと企みます。まわりを囲まれた中、何とか山中に逃げ込んだ吟と右近、一年前に右近の妻が病死していることもあり、山小屋でようやく結ばれます、この場面の情愛の高まりも印象的であります。
伊藤さんと離縁となった吟は、今度は秀吉(滝沢修さん)に目をつけられ側にあがるよう命じられます。首を縦にふらない吟に対し、秀吉は卑怯にも「利休の命と引き換えでもか……」と迫ります。吟は「秀吉の女になるぐらいなら果ててみせる」と死を覚悟します。お付きの富士真奈美さんが「死んでは花実が咲かないのでは……」と言うと、吟が「散ってこそ、思いをとげるということもあるのです!」とキッパリと言い放ちます。
ずっと後には熊井啓監督も『お吟さま』(1978 熊井啓監督)としてリメイクしていますが、熊井作品に比べて、メロドラマ度が高いですが、しっかりと権力の横暴へのアンチを描いています。メロドラマの結構を保ちながら、女性の視座でテーマを失わないこの手腕、本当に続けていれば「女性映画」の監督として一時代を築いていた可能性があります。熊井監督は『サンダカン八番娼館・望郷』(1974 熊井啓監督)で名演を見せた田中絹代さんへのオマージュをこめて、『お吟さま』をリメイクしたのかもしれません。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・石田信之さん 僕にとっては「三五郎」

今年の6月13日に俳優の石田信之さんが亡くなりました。まだ68歳という年齢、イメージ的にも若々しい感じだったので残念です。
石田信之さんといえば『ミラーマン』です。主人公の「鏡京太郎」を演じられました。1971年12月からフジテレビで放映された円谷プロ製作の特撮ヒーローものですが、金城哲夫さんによって企画書が書かれたのは1968年と古く、当初は『ウルトラ』シリーズと同じく、TBSで放映が検討されていました。ところが金城さんが円谷プロを退社、企画は宙に浮き、のちにフジテレビの日曜夜7時の枠が急遽空いてしまったので埋もれていた企画が急浮上したのでした。この日曜夜7時というのはTBSの武田薬品提供の『ウルトラ』枠の時間帯です。そこに今度はライバル局から特撮番組をぶつけたのですから色々あったようです。また、その時間、TBSは一週間早く『シルバー仮面』を放送していましたから、特撮ヒーローもののガチンコ勝負になったのです。
そういうこともあって、僕は『ミラーマン』の初回こそ観たものの、『シルバー仮面』を観る週もけっこうあって、『ミラーマン』を欠かさず観ていたわけではありません。ミラーマンは、ウルトラマンよりメタリックな感じがしたことと、近未来を舞台にしているせいかSF色が強かったという印象はあります。
なので、僕にとって石田信之さんといえば、『ミラーマン』より『すし屋のケンちゃん』とかで演じた近所のお兄さん?といった役どころが記憶に残っています。たしか柔道を子どもたちに教えるお兄さんで役名が「三五郎」でした。「三四郎」じゃなくて「三五郎」というので妙に覚えているのです。また、その前に『柔道一直線』にも出ていたのを覚えていて、また「柔道」やる役だとより印象が強くなったのかもしれません。『柔道一直線』の一条直也(桜木健一さん)のライバルというと、足でピアノを弾いたせいで近藤正臣さんが有名ですし、なぜか覆面外人選手が出て来たり(当ブログ4月12日「追悼・ザ・デストロイヤーさん 覆面と4の字固め」参照)、のちの仮面ライダー2号(佐々木剛さん)、のちのミラーマン(石田信之さん)も出ていた点も見逃せません。当時の雑誌か何かで、石田信之さんは実際に柔道をやっていてなかなかの強さだという記事も見た覚えもあります。柔道経験者なので『柔道一直線』に抜擢、続いて「三五郎」役となったのかもしれません。
という風に、当時の子どもが観るドラマによく出ていたので、石田信之さんは何となくずっと「青年」のイメージが残りました。
石田さんは『ミラーマン』に思い入れがあったようで、後年『ミラーマンREFLEX』(2006 小中和哉監督)にも出演されていました。その小中和哉監督の新作『VAMP』(2019 小中和哉監督)にも石田さんは出ておられるようです。8月後半に公開予定とのことなので観に行きたいです。
特撮、スポ根、子どもドラマなどで瑞々しい演技を見せてくれた石田信之さんのご冥福を心よりお祈りいたします。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ