ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

不良性感度120%!仁義なき戦い(ケンケン)

おこんばんわ。
昭和マニア芸人“ケンケン”こと
剣持 光(けんもち あきら)です。
今日は、まずこちらのイラストをご覧ください。
仁義なき戦い
東映実録やくざ映画の金字塔
「仁義なき戦い」ですね。 
やくざが嫌い、暴力反対と言う人でも、
この映画のクオリティの高さだけは
認めざるをえない作品です。
菅原文太さん、松方弘樹さん、
成田三樹夫さん、川谷拓三さん
といった
役者さんが注目されるようになり、
深作欣二監督の名前を一躍有名にしました。 

ところで、この映画は、
観客を登場人物に一体化させてしまう
恐ろしいぐらいのパワーを秘めています。 
当時、観終わって映画館から出てくる人たちの
顔つきは、こんな感じになっていたそうです。
11174954_1398257330496697_7395229491697670353_n
この映画には、人の心を変えてしまう
不良性感度があふれています。
しかも、不良性に拍車をかけたのが、
当時の映画館の状態。
平成の世の中では想像もつかないことでしょうが、
なんと、当時の映画館は
座席での喫煙がOKだったんだそうです。
煙草をスパスパやりながら、やくざ映画を観る。
映画館から出てくる人たちが
不良化してしまうのは、当然なのです。
平成になって、映画館内での喫煙がなくなったということは
ひじょうに良いことだと思います。
しかし、それと伴って、
映画そのものから不良性感度が削がれていったのは、
いかがなものかと疑問に思います。
良い映画には、多かれ少なかれ
毒が含まれているものです。
チャップリンの映画だって、黒澤明の映画だって、
毒が含まれているから、それがアクセントとなって、
映画の素材の味を膨らませるのです。
今の人畜無害な映画には、毒素がないので
ぬるいといった印象が拭えません。 
ヒリヒリする空気感をもつ、あの頃のような日本映画を
もう一度観てみたい。
そう思うのは、ケンケンだけではないはずです!! 

にほんブログ村 歴史ブログ 現代史 戦後(日本史)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

プロレス怪奇レスラー名鑑

怪奇レスラー表紙
 プロレスにうつつをぬかしていたいた頃(ハピイ中学1年ころ)、浮かれにまかせてこんなのもこしらえていました。
切り貼りの世界です。見世物小屋のようです。拙文はともかく、これらの面々には見るだけで、引きがあります。怪奇レスラー3
怪奇レスラー2
2怪奇レスラー
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

敷石のある風景(cocorin)

こんばんは。ハピイさん大魔神良いですね。友人に幼少時に見た大魔神が、すっごい怖くてトラウマになってた人がいました。
和風の巨大ヒーローというのが、とってもオリジナリティありましたね。

さて、私が探した写真は、昭和時代の街角のものです。

lgf01a201306261200
(写真著作者:panD)

いつの頃なのか、着流しのおじさまとミニスカートの女性達が、ほのぼの緩くてイイ感じ。
ここで、私が注目したいのは足元です。歩道に四角い敷石があります。

東京では私の幼い頃は、歩道にこのような四角い敷石がありました。しかし成人した頃には無かった。
子どもの頃の記憶にある歩道は、敷石がところどころ欠けていまして、それは学生運動の人が適当に剥がして投石に使っていたからだったんですね。

幼心に「欠けた敷石のある歩道」は、そうそう決まりどうりに生きていかなくても、かまわないんだな〜という、社会の開放感やアナーキーさを伝えてくれていたような感じで「好き」でした。
そりゃ、投石に当たればケガするからお勧めできる事ではありませんが、いつもじっと列に並んで我慢するので、世界から脅威の目で見られる最近の日本人より、自由な雰囲気があった気がします。

今の若い人達も「欠けた敷石のある歩道」を歩かせてあげたい。もっと人生楽になるし、仕事で思い詰めてウツになることも減るのに・・・なんて思いつつ、懐かしく写真の敷石を眺めるのであります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

競艇場に大魔神現る

江戸川競艇大魔神
江戸川競艇大魔神はにわ
江戸川区の船堀にある江戸川競艇場に大魔神があらわれました・・・というか居ます。しかも、顔を出すビフォーアフターの2体。でかいです。
江戸川競艇玄関
 競艇場の正面入り口です。常設です。写真に写る人の大きさと比較してください。
これらの手前に立つと、あの足で踏みつぶされそうな気分になります。
 競艇は100円からでも手軽に発券機で舟券を買えます。100円から楽しめる風情がなんとなく昔のパチンコに似てます。ご当地でレースがなくても全国の他所でのレースの舟券を買えます。煮込みも美味しいです。昔の映画看板
(看板絵師のよる)がずらっと展示してあります。建物は新しいですがト―タライズして昭和を感じます。以上日本財団のハピイ・・・ではありませんが。
大魔神ポスター
 これは新宿南口にあった新宿昭和館(現K'Sシネマ)で掲示された手作りポスターです。
なんか、本当に大魔神でも現れて欲しいご時世になってきました。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

スカイツリーなんとなくタイムスリップ

スカイツリータイムスリップ
毎度、ハピイ絵にて失敬。ココリンさんがはなやしきとくりゃエンコ―(浅草のこと、浅草公園からきているか、たぶんテキヤさん隠語、ちなみにヤバイも出は同じ)です。アサヒビール工場も吾妻橋のたもとにありました。アサイチビールになってますが、ちっちゃく画いています。電気ブランを電波ブランに。まあ勝手な世界です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 浅草にて平成最後の初詣風景
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ