ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

追悼・ピーター・フォンダさん あの時、ケネディを演じていたら……

今年の8月11日に俳優のピーター・フォンダさんが亡くなりました。79歳です。永遠の青年のように思っていましたが、思えばアメリカン・ニューシネマの時代から50年も経っているのですね。

ご存知のように、ヘンリー・フォンダさんの息子で、姉にはジェーン・フォンダさんがいます。この3人のお顔はよく似ていますね! 親子、姉弟、遺伝子というのはすごいものです。ヘンリー・フォンダさんといえば、誠実な役柄が多く、「アメリカの良心」と称される名優ですが、家庭では結婚、離婚を繰り返し、ジェーン、ピーター姉弟のお母さんは自殺しています。そんなこともあり、二人とも父・ヘンリーさんとは不和となり、それぞれ俳優となってからもお父さんのイメージに反逆するような言動で話題になりました。姉のジェーンさんは、ヘンリーさんの最晩年に和解、父のために原作権を買い、『黄昏』(1981 マーク・ライデル監督)で共演、ヘンリーさんに念願のアカデミー賞主演男優賞をもたらします。

フランスに渡り、セクシー・シンボルになったり、アメリカに帰ってウーマンリブの闘士になったジェーンさんと同様、ピーターさんもアメリカン・ニューシネマの旗手として既成のハリウッドに反逆するような活躍を見せました。しかし、大学時代から演劇活動をしていて、卒業後はブロードウェイの舞台に立ち、賞も受けるなど注目されたピーターさんはハリウッドから声をかけられ、『魚雷艇109』(1962 レスリー・H・マーティンソン監督)の主役の候補になります。この映画は、太平洋戦争に中尉として参加した若き日のジョン・F・ケネディさんの活躍を描いた物語で、ピーターさんはケネディ役にあてられたのでした。しかし、スクリーンテストの結果、この役はクリフ・ロバートソンさんに決定します。理由はクリフさんがケネディ大統領に似ていたからです。(たしかに似ていると思います)

こういうこともあり、ハリウッドに失望したピーターさんはいくつかの役をこなしながら次第にハリウッドに背を向けるようになります。姉のジェーンさんからドラッグを教えられ、ラリるようになったピーターさんですが、これがB級映画の巨匠・ロジャー・コーマンさんの目に留まって、『ワイルド・エンジェル』(1966 ロジャー・コーマン監督)、『白昼の幻想』(1967 ロジャー・コーマン監督)に出演します。どこにチャンスがあるか分かりません。「ヘルズ・エンジェルズ」を題材にしたバイカー映画『ワイルド・エンジェル』、LSDをテーマにした『白昼の幻想』、これが『イージー・ライダー』(1969 デニス・ホッパー監督)に直結するのは言うまでもありません。

もし、『魚雷艇109』でケネディ役になっていたら、お父さんのヘンリーさんばりの「誠実な青年」イメージの国民的スターになっていたかもしれません。最近観た『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019 クエンティン・タランティーノ監督)の中で、レオナルド・ディカプリオさんが私道に入ってきたヒッピー(マンソン信徒)たちに「このデニス・ホッパーめ!」というシーンがありましたが、もしかするとピーターさんもそっち側になっていたかもしれません。また、ジェーンさんがピーターさんにドラッグを教えなければ、ビートルズの「シー・セッド、シー・セッド」も生まれず(この曲はジョン・レノンさんがアメリカ公演に行った際にピーターさんと一緒にLSDを飲んだ経験から作られたことで有名)後期のビートルズはまた別の展開をしていたかもしれません。歴史にはいくつもターニングポイントがありますね。

ハリウッドに背を向けて、カウンターカルチャーの新たな局面を拓き、その後もいろいろな映画で楽しませてくれたピーター・フォンダさんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)

 

 

 

 

 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「お前」がダメなら何と言う?

昨日の当ブログで『それゆけ! アンパンマン』の「アンパンチ」は子どもに良くないという親御さんがいるという話を書きました。「過剰反応」のように思えますが、そういえば、最近、こんなニュースもありました。
中日ドラゴンズが、球場に来る応援団の唄う応援歌「サウスポー」を自粛してくれないかと要請したというのです。歌詞にある、♪お前が打たなきゃ誰が打つ~ の「お前」が良くないのだというのです。何でも、今年から采配を振るう与田剛監督が、「“お前”という人に対して尊敬の念のない言葉を使うのは教育上いかがなものか」と言ったのだそうです。ちょっと信じられないですねえ。相手チームが使うんではなく、自分たちを応援する人たちが使う「お前」は選手を下に見ているとか、軽蔑しているわけではないでしょう。どんな文脈で使われているか分からないなんて、「アンパンチ」だけを切り取って「不適切」と非難するのと同じ、いや、もっと重症かもしれません。いわゆる「言葉狩り」を助長するような主張ではないかと思います。
「お前」は「御前」ですから、元々は「神仏や貴人を敬っていいう言い方」です。言葉は生き物ですから、意味は変化していき、そういった意味は失われて、むしろ目下の人に使うものになっています。しかし、辞書にも「対等もしくは下位者に対して用いる」とありますが、続けて「親愛の意をこめて用いる場合もある」って辞書にも載っています。与田監督には、自分たちのチームの応援団がどういう意味で「お前」を使っているか読み取れないんですかねえ。では、何と唄えば満足なんでしょう。♪君が打たなきゃ誰が打つ~ ですか、それとも ♪あなたが打たなきゃ誰が打つ~ でしょうか。
沢田研二さんの曲に「お前がパラダイス」という名曲があります。これを聴いて「女性を下に見ている」と思う人はいないでしょう。演歌にも ♪なあ~お前~ という歌詞が出てくることがありますが、そこには恋女房に対する深い情愛を感じます。それが普通の感覚ではないかなあ。そう思いませんか、与田監督。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「アンパンチ」と子供を無菌状態にしたい親たち

昨日の当ブログの最後でちょっと触れましたが、『それゆけ!アンパンマン』の中に出てくる「アンパンチ」に対して、一部の親御さんから「暴力的」とクレームがついていることを書きました。僕も何回か「アンパンチ」の場面?を観たことはありますが、そんなことを思ったことはないので驚きました。パンチといったって、アニメの中のこと、サム・ペキンパーの映画みたいにリアルに暴力を描いているわけじゃあないし、悪いことしたバイキンマンに対して行う「決め」みたいなものでしょう。それにいちいち「不適切」だの「教育上よくない」とクレームをつけるなんて神経質すぎると思います。僕は全部観ているわけでないですが、アンパンマンがめったやたらに暴力を振るっているわけではないですよね。

そんなに心配なら、一緒に「アンパンマン」を観ながら、子どもに「ここで殴らないで話して分かってもらうこともできるよね」とか「これはマンガだけど本当に殴ったらケガしちゃうよね」と言えば済むのではないでしょうか。親子のコミュニケーションにもなるし。クレームをつける親御さんはだいたい、「アンパンチ」を繰り出すまでのストーリー展開があるわけですから、そこでバイキンマンのしたことが「こんなことしたら他の人が困るよね」「お友だちの迷惑になるよね」とかお話しているのかな。それが教育というものではないでしょうか。今回クレームをつけた親御さんはただ単に自分の子どもを真綿にくるんで桐の箱に入れておきたいだけではないでしょうか。アンパンマンをアウトという人はきっと何を観たって批判するような気がします。でも、友だちという生身の人間と接すれば、衝突もするし、行き違いだってあるし、無菌状態で生きてはいけないのです。それこそ、最初からバイキンマンのいない学校、社会、あるいはバイキンマンを排除する世界を望んでいるのでしょう。

アンパンチでダメなら、このブログで取り上げる昭和のマンガなんて軒並みダメでしょうね。梶原一騎先生原作のマンガなんて即「不適切」とされちゃうだろうし、『おそ松くん』とか子どもが主人公のギャグ漫画だって、ワンパクな子どもはケンカしている場面は頻繁にでてきましたから。それでも、今回のようなクレームはつかなかったよなあ。『ハレンチ学園』で描かれた「スカートめくり」が流行って、PTAがガミガミ言ったことぐらいしか記憶にありません。

そういえば、何年か前、ウルトラマンが怪獣を倒す(殺す)のはよろしくないと、怪獣を説得して解決するようにしたとか聞いたことがありますが、今、その辺はどうなっているのでしょうか。 (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

今、『巨人の星』を放送するならば

今日、日本ハム・ファイターズが8連敗を喫しました。今年は8月に8連敗もありましたから、今年2度目の大型連敗です。7月末には首位ソフトバンクに肉薄していましたが、今や最下位に沈んでいます。いったん歯車が狂いだすとあっという間に泥沼にハマってしまうのは人生のようです。

今年のプロ野球はこうした大型連敗が多いような気がします。特にセ・リーグは、スワローズが16連敗という球団タイ記録を喫し最下位に沈んだのをはじめ、ベイスターズが10連敗、ドラゴンズも8連勝のあと8連敗など激しい動きを見せていますね。

中でも乱高下が著しいのが広島カープです。開幕から4カード連続で負け越しでスタートしましたが、すぐ8連勝、そして5月に入ると怒濤の11連勝で一気に首位に立ちます。さすが3連覇中のチームと思いましたが、交流戦は不調で12球団の単独最下位。6月25日にリーグ戦が再開しても調子はあがらず黒星街道、11連敗を喫しました。同じ年に11連勝と11連敗とは……。

気になったのは、のちに球団から「緒方孝市監督が選手に暴行」という発表があったことです。試合中に全力疾走を怠った野間選手を叱責、平手打ちをしたということです。この事件が起こったのが、6月30日ということですから、この時期にカープが不調だったのとピッタリ符合してしまうのです。この「監督」の仕打ちに選手たちはモチベーションを下げてしまったとか、チームを委縮させてしまったとか、あるいはすでに交流戦で不調だったので喝を入れようとしたのが裏目に出てしまったのか。5月の快進撃がウソのような11連敗に影響してしまったのでは……と勘ぐってしまいます。

行き過ぎた指導ということで、球団が監督に厳重注意、緒方監督は選手たちを前に謝罪したそうです。選手に非があったとしても、手をあげるというのは今のコンプライアンスからするとアウトなわけですが、わざわざ明らかにして球団が公表、対応するというのはどういう経緯だったのでしょう。そもそも、どうして発覚したのか分かりませんが、選手間から漏れたのか、カープ番の記者がリークしたとか、いずれにしても今、すぐにSNSなどで拡散されてしまいますからね。そっち方面からバレて炎上するよりはと……先手をうったのでしょう。

それほどネット社会の「監視」や「バッシング」はスルーできないものになっているのです。「正義」を振りかざして拡散する人がいますから厄介です。「選手を殴った」なんて昔はけっこうあったことでしょう。星野仙一監督なんて何回謝罪することになってしまうことでしょう! 時代、コンプライアンスが違うと言ってしまえばそれまでですが、昔は「選手への愛情があるからこその鉄拳」と謳われた部分も大いにあったのです。

こうなると、『巨人の星』なんて、今、放送するとしたら、星一徹の飛雄馬への指導?はほとんどカットしないといけないですね。引っぱたいたり、妙なギプスをつけさせたり、幼児虐待を助長するととられます。それじゃあ、物語が成立しませんから、「本作品には今の基準から見ると不適切な暴力を表す場面がありますが、作品の作られた時代背景を考慮し、ご理解ください」と毎回、お断りを入れますか。何たって、『アンパンマン』のアンパンチにもクレームをつける親御さんがいるご時世ですから。 (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「虎の穴」と「吉本興業」

朝ドラ『なつぞら』でなつが初めて作画監督になる『キックジャガー』をオファーされるとき、やはり戦災孤児だった「なつ」だからこその作品なんだというような科白もあったかと思います。元ネタの『タイガーマスク』の主人公の伊達直人は「ちびっこハウス」という孤児院にいましたが、負けん気が強く、子どものときに、動物園の虎を見て「こういう強い虎になりたい!」とメラメラ燃える場面がありました。卑屈になりがちな孤児院が嫌で飛び出してしまいます。このあたり、「なつ」の兄・咲太郎(岡田将生さん)のキャラクターにちょっと反映されている気がします。咲太郎も人前でタップを踏んだり、誰の世話にもならず自分の体ひとつで生きていこうと逞しい子どもでした。

伊達直人はプロレスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされ、悪役レスラーとなりますが、「ちびっこハウス」の経営が思わしくないことを知って、「虎の穴」に上納するファイトマネーを回してしまいます。かくて、裏切者となった「タイガーマスク」は虎の穴から次々に刺客を送られるのです。という発端、よく考えてみれば、「吉本興業」みたいな感じですね。吉本もNSC(吉本総合芸能学院)という養成所を持って、タレントを目指す若者を集めているわけです。入学金と授業料を合わせるとなんだかんだで50万円かかるといいます。そして入る人は毎年、何百人もいるといいます。この授業料収入だけでも莫大なものがあります。そして、這い上がってきてテレビに出るような有名人になれば、吉本興業にギャラから厳しくはねられてしまうわけです。その実状が、今回の「闇営業」騒動以来の内ゲバで露呈しました。養成所に入ったって、もちろん、その中から有名なお笑い芸人やタレントになれるのはごくわずか、ほんの一握りなわけです。ほとんどの若手芸人が「残酷物語」な生活を送っているわけです。今回の騒動から、「極楽とんぼ」の加藤浩次さんが吉本を批判するような動きがありましたが、結局は謝罪?して、他の人たちの動きも広がらなかったようです。「吉本興業」に抗する“タイガーマスク”は登場しなかったわけです。

「虎の穴」に養成され、やっとリングにあがれば、いつまでも上前をはねられるわけですから、タイガーマスクも過酷です。子どもの頃は、マンガの中の荒唐無稽な組織としか思えなかった「虎の穴」ですが、実際にあるものなんですね。梶原一騎さんもそういった興行界の実態からヒントを得て、書いたのかもしれません。それにしても「虎の穴」の幹部、「ミスターX」って何者でしょう。あの人のパスポートはどうなっているのかなあ。

(ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ