ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

『パラサイト 半地下の家族』、映画は壁を越える

2月10日(アメリカ現地時間では9日)、「アカデミー賞」が発表され、『パラサイト 半地下の家族』2019 ポン・ジュノ監督)が作品賞に輝きました。監督賞、脚本賞、国際長篇映画賞も獲得、今回最多4部門を制しました。英語以外の作品の作品賞受賞は初めてですから、歴史的快挙です。「カンヌ国際映画祭」でもパルムドールを獲りましたから期待されていましたが、今まで「外国語」の映画が受賞した例はなかったし、僕も全く予想していませんでした。

僕は先月、公開されてすぐ『パラサイト 半地下の家族』を観ましたが、大満足、入場料以上にたっぷりと楽しませてもらったという感じでした。ソン・ガンホさんの一家が住む「半地下」と、彼らが寄生していく金持ちの豪邸が建つ「高台」で「格差」というテーマを可視化するのは、かつての『天国と地獄』(1963 黒澤明監督)を思い出させます。(犯人の山﨑努さんは三船敏郎さんに、「夏は暑くて眠れない。冬は寒くて眠れない。そんなアパートから見えるあんたのお屋敷はまるで天国のように見えたよ!」と言います)『天国と地獄』も湿度を感じさせる映画でしたが、この『パラサイト 半地下の家族』では、さらに豪雨が追い打ちをかけますから「格差」描写がさらに際立ちます。浸水し、逃げ道のない圧迫感は容赦なく「貧困」を描き出します。坂道、階段、地上と地下、こういった美術と映像の作りこみには脱帽です。

貧乏一家が狡猾に闖入する展開がすすむ前半にブラックなユーモアが醸し出されるし、リヴィングにいるところを見つかりそうになるサスペンス、地下で格闘になってからクライマックスに至るまで息もつかせぬ緊迫感です。僕が印象に残ったのは、「匂い」を指摘されたガンホさんが一瞬見せる表情。この「匂い」が決定的に埋まらない「格差」の断層を象徴しているようで、あのパーティの場面は『愛と希望の街』(1959 大島渚監督)のラスト、鳩を撃つシーンに通じると思います。(大島渚監督のデビュー作『愛と希望の街』については、当ブログ2017年5月3日、4日、5日をお読みください)

IT企業の社長のアメリカナイズされた富裕生活をおくる豪邸の地下で、ソン・ガンホ一家と、ある人たち(ネタバレになるので秘す)が格闘するのは、まるで、アメリカの支配下でいがみ合う韓国と日本のように見えてしまいました。そういえば、ポン・ジュノ監督の『グエムル 漢江の怪物』(2006 ポン・ジュノ監督)なんかも、あの「怪物」は明らかにアメリカの暗喩だったし、エンタテインメントの作りの中にしっかりテーマ性がこめられています。

こうした、「分断」と「格差」が進行するアメリカへのアンチである外国映画が評価されたことは大きな意味がありますね。大統領が他国との間に壁を建設したり、移民を排斥しようと、映画はそれを飛び越えて人々に届き、共感や感動を広げるのです。ポン・ジュノ監督の「……世界中の人々はつながっていて国や地域は関係ない。映画の美しさを追い求めれば、壁は乗り越えられる」というスピーチのとおりです!

ともかく、最近の韓国映画の勢いとクオリティの高さはすごいものがあります。ポン・ジュノ監督に限らず、皆、やりたいことをやろう、撮りたいものを撮ろうという気概があふれているのが分かります。僕は自他ともに認める日本映画ファン(鑑賞本数の8割以上が日本映画)ですが、残念ながら、日本映画はかなり負けていると言わざるをえません。いったい、この差を作っているものは何なのでしょうか…… (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

『老人と子供のポルカ』から50年、2020年ヴァージョンを作りました!

50年前の今日、1970年2月10日は『老人と子供のポルカ』(左卜全とひまわりキティーズ)がレコード・リリースされた日であります。左卜全さんが♪ズビズバ~と唄うのをマネされた方も多いでしょう。(僕もよくやりました) バックのひまわりキティーズ(「劇団ひまわり」に所属していた子どもから選抜された)の中に、ずっと後年に夫婦ユニット、LeCouple(ル・クプル)で「ひだまりの詩」のヒットを飛ばすことになる藤田恵美さんがいたことは有名ですね。

ズビズバ~パパパヤ~ やめてくれ、やめてけれ、やめてけ~れ ゲバゲバ~ と歌われる歌詞には、1970年当時の社会で「老人と子供」という弱い立場の人たちを困らせていた事象が取り上げられています。1番の「ゲバゲバ」は激しさを増していた学生運動、続く2番は「ジコジコ」で多発する交通事故、3番の「ストスト」はストです。(そういえば、あの頃はストで電車が止まったものです。ゼネストとかもあったなあ) 左卜全さんは当時76歳ですが、今の76歳と違ってすごい老人に見えたものです。その卜全さんが椅子に座って、ちょっと音楽に遅れ気味に唄い、バックの子どもたちがコーラスをつけるユーモラスな曲ですが、歌われる内容は深刻な問題であったのです。

この『老人と子供のポルカ』は、フォーク・クルセダーズが再結成したときにカヴァーが作られ、『帰ってきたヨッパライ』のセリフ「なぁ~お前~」や、ベンチャーズのフレーズが入った面白いヴァージョンでした。この再結成のときは、はしだのりひこさんの代わりに坂崎幸之助さんが加藤和彦さん、北山修さんとトリオを組みました。

今、この曲をカヴァーするなら、歌詞を改変したほうがいいですね。というわけで、僕が作ってみました。「ゲバゲバ」の箇所に当てはめて歌ってみてください。

1番は、♪ズビズバ~パパパヤ~ やめてくれ、やめてけれ、やめてけ~れ 改ざん~

2番は、♪ズビズバ~パパパヤ~ やめてくれ、やめてけれ、やめてけ~れ そんたく~

3番は、ずばり、♪♪ズビズバ~パパパヤ~ やめてくれ、やめてけれ、やめてけ~れ 晋ゾー~

とこうなりますかね。

この前、「桜を見る会」の推薦者名簿の一部を、内閣府が今度は「白塗り」にして国会に提出しましたね。また「改ざん」です。「モリカケ」のときに、もう二度と「改ざん」はあってはならないと言っていたのは誰なんだよ。説明を求められて質問の意味も分からないのかトンチンカンな答弁をするキタムラとかいう地方創生担当大臣。ポンコツ野郎がどれだけいるんだよ。あまりにも国民をバカにしている政権、アベ晋ゾーという蛆虫野郎をクビにするため、この歌詞で唄ってくれる勇気ある歌手はいませんか?

お願いします! (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・カーク・ダグラスさん『スパルタカス』と『カッコーの巣の上で』

2月5日に俳優のカーク・ダグラスさんが亡くなりました。103歳ですから大往生といっていいでしょうが、ハリウッド黄金時代を知るスターがこの世を去ったのはとても淋しいです。

カーク・ダグラスさんといえば、まずやっぱり『OK牧場の決斗』(1956 ジョン・スタージェス監督)ですね! ビリングのトップに立つのはワイアット・アープを演じたバート・ランカスターさんですが、ドク・ホリディを演じたカーク・ダグラスさんの方が目立っていました。保安官のワイアット・ホープに対し、肺病病みながら酒とバクチで暮らし、ダンディな服装でキメているので「もうけ役」といえば「もうけ役」ですが、本当にカッコよかったです。おかげで、「ドク・ホリディ」といえば、自動的に「カーク・ダグラス」さんが浮かびます。

西部劇では有名な話なので何度も映画化されているワイアット・アープ&ドク・ホリディものを観ても、やはりカーク・ダグラスさんを超える配役はなかったと思います。その後、デニス・クエイドさんやヴァル・キルマーさんなどが「ドク・ホリディ」を演じましたが、凄みが足りなかったように感じました。名作『荒野の決闘』(1946 ジョン・フォード監督)も、僕は『OK牧場の決斗』より後で観たので、ヴィクター・マチュアさんより断然カーク・ダグラスさんのイメージです。本当に最初に観たことによるイメージの「刷りこみ」というのは強烈なものです。そしてスタージェス監督の『OK牧場の決斗』はすごく、日本人好みな作風だったと思います。それもドク・ホリディの「我慢」「男気」そして情婦との「腐れ縁」的な愛情などを見事にカーク・ダグラスさんが体現していたからです。

また、演技者だけでなくカーク・ダグラスさんは映画界に貢献しています。『OK牧場の決斗』で共演したバート・ランカスターさんもそうですが、カーク・ダグラスさんはこの1950年代のスターによる独立プロダクション代表者の草分けとなったのです。メジャーの会社の規制にとらわらず良い作品を作ろうと、カーク・ダグラスさんは「ブライナ」という製作プロダクションを作ります。そして手掛けたのが『スパルタカス』(1960 スタンリー・キューブリック監督)で、その脚本にドルトン・トランボさんを起用します。トランボさんは「赤狩り」によって理不尽にも投獄され、表向きハリウッドから追放の憂き目にあい、友人の名前を借りたり、変名を使って脚本を書いて糊口をしのいでいました。このあたりについては映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015 ジェイ・ローチ監督)に詳しいです。(当ブログ2016年8月12日「日米カツドウ屋魂」をご覧ください) アカデミー賞脚本賞を獲得した『黒い牡牛』(1956 アーヴィング・ラパー監督)も変名ロバート・リッチで書いていますし(当然、授賞式には誰も姿を現さなかった)、大ヒットした名作『ローマの休日』(1953 ウィリアム・ワイラー監督)も友人の名前を借りて執筆していました。そうしないと仕事ができなかったのです。そんなブラックリストに載っているドルトン・トランボさんの名前を「赤狩り」以降初めて堂々とクレジットしたのが製作者であったカーク・ダグラスさんだったのです。

『スパルタカス』は元々、アンソニー・マンさんの監督で始まりましたが、撮影1週間で解雇、キューブリックさんを監督に起用したのもカーク・ダグラスさんさんです。もっとも、そのキューブリック監督とも大揉めだったようですが(キューブリックさんは有名なトラブルメイカー)、何とか名作に仕上げたのは「奴隷の波乱」という史劇にドルトン・トランボさんという脚本家を起用したカーク・ダグラスさんの慧眼によるところ大です。そして、ちゃんと名前もクレジットしたこの勇気ある行動で、ブラックリストは事実上廃棄され、ハリウッドの「赤狩り」は終焉を迎えたのです。

ちなみにカーク・ダグラスさんは『カッコーの巣の上で』の原作権をいち早く買った人でもあります。ご自身では映画化まで至りませんでしたが、のちに息子のマイケル・ダグラスさんが製作し、ジャック・ニコルスンさん主演で『カッコーの巣の上で』(1975 ミロス・フォアマン監督)として完成、アカデミー賞を獲得しました。『スパルタカス』、『カッコーの巣の上で』、なるほど、下積みの長かったカーク・ダグラスさんらしく、権力に抗して自由を求める映画を作る意志が伝わってきます。

スター俳優というだけにとどまらず、本当に偉大な映画人であったカーク・ダグラスさんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

『Last Letter』と『ロマンスドール』にみる共演者の再会

少し前に『Last Letter』(2020 岩井俊二監督)を観ました。タイトルからも分かるように、同じ岩井監督が撮ったLove Letter1995 岩井俊二監督)のテイストの作品です。豊川悦司さんと中山美穂さんが共演した『Love Letter』は好きな映画で、これを観た1995年は僕はもちろんいい大人になっていましたが、何だかすごく清らかなものに触れた感じで「汚れちまった自分にもまだこんな感動する部分が残っていたんだ……」というような気持ちになったのでした。また同時に、この作品を何十年後かに観ても僕はまだ感動できるだろうか……という意味で、僕の「感性」の試金石になった映画です。その後、この『Love Letter』を観ていないのは、社会人として年数を重ねた自分はもうあの頃のような「感性」を失っているのではないかという怖れの気持ちがあるからかもしれません。

そして観た『Last Letter』……良かったです。舞台も『Love Letter』が小樽と神戸だったのに対し、『Last Letter』は宮城(←岩井監督の出身地)になっているし、全く別のお話ですが、「勘違い」や「届くはずのない手紙」、「過去と現在の交錯」といった道具立てが共通します。『Love Letter』では同姓同名の二人、豊川悦司さんと中山美穂さんの若い頃を柏原崇さんと酒井美紀さんが演じていましたが、Last Letterでは福山雅治さんと松たか子さんの学生時代を神木隆之介さんと森七菜さんが演じるという作劇も同じような空気を醸し出します。25年の時を隔てた「双子」のような映画といっていいでしょう。

Last Letter』はさらに、松さんの亡くなった姉の学生時代と、その娘(松さんからしたら姪っ子)を広瀬すずさんが二役で演じます。という風に共通点の多い映画ですが、25年の時を経ていちばん作劇に影響したのは「手紙」ということでしょう。『Love Letter』の頃はまだそんなに携帯というのも普及していなかったと思いますが、今やひとりひとりが携帯やスマホを持っている時代です。そこに「手紙」という通信手段をどう中心に据えるかは難しい問題です。この映画ではその辺をうまく処理していますが、いずれにしても「手紙」という(メールやラインといったものより)面倒な手段だからこそ「大事なこと」が伝わるという効果が出たような気もします。簡単につながらない「不便」なほうが思いがこめられ、ドラマになるということですね。ともかく、よくできている映画で、「思い」と「記憶」への愛おしさに満ちています。また僕もこの歳になると、そこに「取り戻せない過去」への悔恨も加わって『Love Letter』とはまた別の「感性」にじんわりきた気がします。

それを感じさせるのが、後半、豊川悦司さんと中山美穂さんのコンビも登場する場面です。あまりに変わり果てた姿を見せますが、それも時の流れでしょう。詳しくは分かりませんが、共演自体も25年ぶりかなあ、撮影時はどんな思いだったでしょう。

そういえば、当ブログ1月30日に触れた『ロマンスドール』(2020 タナダユキ監督)で夫婦を演じた高橋一生さんと蒼井優さんも、たぶん『リリイ・シュシュのすべて』(2001 岩井俊二監督)以来ではないでしょうか。だとすると19年ぶりの共演。お互いにまだ子役だったふたりが濃厚なラヴシーンを演じているのだから時が経ったことを実感させられます。当たり前ですが、おふたりも子役時代には将来こうして大人のラヴストーリーで夫婦を演じるとは想像もしなかったでしょうね。

(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「マスク売り切れ」で思い出す1973年オイルショック

先週の金曜日、病院に行ってきました。闘病中でもう半年も定期的に病院に行っているのですが、受付から看護婦さん、あらゆる病院職員が全員、マスク姿になっています。たしか、ここもコロナウイルスに感染した人が搬送されたと聞きました。街中のお店のどこにもマスクが売っていないけれど、ここの売店ならあるかなと、診察後に行ってみました。しかし、やっぱりありませんでした。病院職員の分はある程度確保されているのでしょうが、患者、来診者の分はないのです。みんな不安に駆られて、マスクを買い占め、買いだめしているのでしょうが、病院関係など本当に必要な人にまわらない状況は困ったものです。

少し前、コンビニの人に聞いたら、ごくわずかだけれど深夜に入荷して、それを待っていたかのようなお客さんがすぐに買い求め、1分も経たないうちに売り切れたそうです。どのお店もマスクがあった棚が空っぽになって「入荷の予定はありません」などと貼り紙されている光景を見ると、「オイルショック」の時代を思い出します。あれは1973年、トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどがお店から無くなったのでした。たまに入荷すると、皆、我先に殺到して将棋倒しになって大怪我した人もいたと記憶しています。僕はそれほど切迫して買いに行ったことはなかったですが、おひとり様1個とか2個までとか制限されていたのは覚えています。あれほどパニックになったのは、テレビのニュースで長蛇の列になっている映像とかを見て、集団心理がはたらいたのではないかと当時も思いました。

トイレットペーパーより覚えているのは、石油の値段が上がって大変だったことです。(当時、うちは石油ストーブだったのです)ガソリンスタンドが日曜日、休みになって、銭湯も毎日営業ではなくなりました。(一日置きだったかな?) ガソリンが売られなくなって、タクシー運転手さんたちがデモをしていたのも新聞で読んだ記憶があります。生活がかかっているから切実だったと思います。子どもにとっては、マンガ週刊誌がかなり大幅に値上げしたことが大きかったです。一気に30円ぐらい上ったような気がします。当時の30円、これは大きかった! 記憶が曖昧ですが、実質ページ数は同じか減ったのに2色刷りページを増やして、それで値上げのエクスキューズにしている感じが子どもにも見え見えでした。

テレビの放送時間も短縮されたり、ビルの暖房も制限されたりネオンも消えたり、いろいろな所に影響がありました。高度経済成長を突き進んだ日本が初めて足踏み状態となった時期でした。中東の石油にいかに依存し、自分たちの生活にいかに直結しているかを多くの日本人が知らされたわけです。僕がOPEC(石油輸出国機構)というのを知ったのもこのときでした。商社が買い占めしたり、売り惜しみなんてのもありました。いろんな物が値上がりしましたが、今思えば、かなり「便乗値上げ」というものがあったと思います。今、店頭からマスクが無くなった街を見て、結局、皆、自分さえ良ければいいのだ……人間というのは変わらないものなんだなあと嘆息まじりに思うのでした。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ