ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

2020年を生き抜こう

2020年になりました。東京は気持ちよく晴れています。皆様の住んでおられる所はいかがでしょうか。

昨年最後の当ブログ(一夜明けると、ひとつ前でも「昨年」となるわけです)で書いたように、僕は昨年、夏に入院、手術と健康面で自分でも思わぬ展開になってしまいました。初めての手術、入院でたいへん不安だったのですが、さらに同じ病室(4人部屋)にいた入院患者さんたちには、ご家族などがお見舞いに来ていたのに対し、僕のベッドだけは見舞客もゼロ、ずっと一人。このまま死んだら、どうなるのだろう?と思ったりしました。もし、家にいるときに何かあれば「孤独死」というわけですが、その言葉も現実味を帯びてきました。

好き勝手なことをして、家族もつくらず、気がつけばすぐ先に老境の入り口も見えてきてしまいました。時間は前にしか進みませんから、もうこのままなるようにしかならないのだと開き直るしかないのでしょう。皆、誰だって、自分がいつ、どんな最期を迎えるなんて分からないわけですから。今日元気だった人が、明日は突然、死を迎えるということだってあるのです。僕の尊敬する作家、山田風太郎先生は「死は推理小説のラストのように、本人にとって最も意外なかたちでやって来る」と書いています。

『紀ノ川』(1966 中村登監督)という映画がありました。有吉佐和子さんの原作で、旧家に嫁いだ女性の一代記ものです。司葉子さんがヒロインの22歳から72歳までを演じきって、各演技賞を独占した名作です。

明治から昭和、戦後までを背景にしているので、日露戦争や太平洋戦争といった戦争、進歩的な考えを持つ娘(岩下志麻さん)の反発、戦後は地主の地位を失うなど、様々なことに翻弄されながらヒロインは生きていきます。ラスト近く、夫の弟で、ヒロインを見守り続けた丹波哲郎さんが「歳をとるのも悪くないと思えるぞ」とお互い老人になった司さんに言います。昔、この映画を観たときに、ああ、こんな風に思える老人になれるのかなあ……と思ったのでした。ともかく、時間を戻すことはできないのですから、せめてハッピーエンドを願うしかありません。今年も僕の闘病も続きますが、何か「生きていて良かった」と思えること、意義のあることをしたいものです。

(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

1969年から50年、2019年がもうすぐ終わります。

ひとつ前の当ブログで書いたように、僕にとって「1969」年というのは、家族の様相が一変してしまい、自分のその後を考えても大きな一年でした。これからどうなるのか……不安だった、50年前の母と僕でした。あれから、50年、よくこの長い年月を生き延びたものだと思います。特に、今年の夏は病気で入院、手術ということがあったので、余計に感じ入るものがあります。このブログでも、多くの人の「追悼」記事を書きましたが、中には自分よりも若くして亡くなる人もいます。「ジャッピー!」に関わった人でも、もう3人、若くして亡くなっています。こういった人たちと、こうして生きながらえている僕、どこに違いがあって、そういった運命が分かれるのか。病室のベッドに寝ていて、そんな自分が「生かされている」意味を考えたのでした。何のために、こうしてこの世に生まれ、あの日から50年経ってもこうして生きていられるのか。生きる意味は自分が見つけるものなのか、いや、ただ生きているということに意味があるのか。ともかくも、2019年があと数時間で終わります。どうか、皆様も良い年をお迎えください。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

僕の個人的「1969」年コンピ・アルバムを作るなら

当ブログで、このところ「1969」年から50年という話題を続けております。「細野晴臣さんデビュー50周年」(当ブログ1219日)、一昨日に書いた「井上陽水さん50周年」、昨日の「『サザエさん』テレビアニメ50周年」、「クイズ『タイムショック』放映から50年」の他にも、「三沢高校・太田幸司投手の熱投から50年」(8月21日)、「『男はつらいよ』第1作公開から50年」(8月28日)、「『イージー・ライダー』から50年」(9月8日)、なんて記事も書きました。

僕にとって、「1969」年はとても重要な年です。といっても、「東大の安田講堂の攻防戦」や「ヴェトナム反戦運動」、「アポロ11号の月面着陸」、「ウッドストック」、「新宿西口フォークゲリラ」といった社会事象と関係なく、まったく個人的なことです。以前にも書きましたが、この年の3月末に僕の父親が亡くなり、4月半ばには兄が亡くなったのです。4人家族が1と月の間に母親と自分の2人家族になってしまうという大きな変化が家族にふりかかった年なのです。

子供だった僕がその突然の変化をどう受け止めていたのか……今それを正確に思い出すことは難しいですが、とにかくいきなり「死」というものが目の前に大きなものとして現れたこと、この世に理不尽なことは起きうるということが漠然とした形で心の奥に澱のようにあったように思います。そんな時に聴いたのがトワ・エ・モワの「或る日突然」でした……というようなことを、当ブログ2018年1月28日「トワ・エ・モワと1969年の僕」に書きました。

1969年5月に発売された「或る日突然」がさかんにとテレビやラジオからよく流れていた時期は、まさに母と僕の二人きりになってしまった頃と重なるのです。僕はこの年の夏に沼津の親戚の家にあずけられるのですが、その時もこの曲はよく耳にした記憶があります。こうした記憶により、今でも「或る日突然」を聞くと、あの1969年の少年時代の自分、そのときの心象風景が蘇ってくるのです。♪或る日突然 二人黙るの~ あんなにおしゃべりしていたけーれど~ という若い男女の恋の始まりを綴った歌詞とは関係なく、そのメロディが一気に1969年に佇む自分に戻してしまうのです。他にも、沼津の家に行くときに、ズー・ニー・ヴ―の「白いサンゴ礁」がタクシーのカー・ラジオから流れていたのもはっきり覚えているのです。これも歌詞の内容と関係なく、そのときの自分の不安な気持ちなどが甦ってくるのです。

本当に「歌」、特に流行歌というものが持つ「時代」や「記憶」といかに結びつく力というものは大きいと思います。一瞬で、その歌が流れていたときに引き戻すのですから。そんなわけで、1969年という僕にとって特別な1年。「或る日突然」以外にも、この年に聴いた曲には特別なものがあり、すぐにあの頃の自分に戻っていくような感覚になります。僕が個人的な「1969」年コンピュレーション・アルバムを作るなら、こんな感じでしょうか。

M1 或る日突然 (トワ・エ・モワ)

M2 真夜中のギター (千賀かほる)

M3 みんな夢の中  (高田恭子)

M4 ひとり寝の子守唄 (加藤登紀子)

M5 雲にのりたい (黛ジュン)

M6 禁じられた恋 (森山良子)

M7 白い色は恋人の色 (ベッツィ&クリス)

M8 白いブランコ (ビリー・バンバン)

M9 時には母のない子のように (カルメン・マキ)

10 昭和ブルース (ブルーベル・シンガーズ)

M11 別れのサンバ (長谷川きよし)
12 悲しみは駆け足でやってくる (アン真理子)

13 フランシーヌの場合 (新谷のり子)

14 あなたの心に (中山千夏)

15 風 (はしだのりひことシューベルツ)

ボーナス・トラック 白いサンゴ礁 (ズー・ニー・ヴ―)

 

何か、淋し気な曲が多いのは、当時の少年だった僕の心情が反映されているのかもしれませんが……本当にこの頃の曲は良いものが多かったなあ。

(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

由紀さおりさん「夜明けのスキャット」リリースから50年

このところ、当ブログで「1969」年から50年……という話題を取り上げていますが、由紀さおりさんのデビュー曲「夜明けのスキャット」がリリースされたのも1969年です。♪ルールールルー~……ラーラーラララ~ と、なかなか歌詞が出てこない曲はそれまでの歌謡曲にない斬新なものでインパクトが大きかったですね。(オリコンにチャートインした曲で最も短い歌詞を持つ曲ときいたことがあります)やっと出てくる歌詞も、♪愛し合うその時に~この世はとまるの~ とエロティックなムードを醸し出し、「大人」の歌という印象が濃厚でした。このとき、由紀さおりさん、21歳! 何と大人っぽく、表現力があったのだろう!

この曲が収められた、由紀さおりさんの初アルバム『夜明けのスキャット』をたまたま聴いたトーマス・M・ローダーデールさんがたちまち魅了され、自身がリーダーをつとめるグループ「ピンク・マルティーニ」で由紀さんの曲をカヴァーしたのがきっかけで、由紀さんと共演した『PINK MARTINI&SAORI YUKI 1969』というアルバムが誕生しましたね。このアルバムがアメリカでi-tunesチャートのジャズ部門で1位になるなど話題になり、「逆輸入」の形で日本でも発売されヒットしたのが2011年。その頃まだ勤め人だった僕もすぐに購入し、今でもたびたび聴いています。翌年の「紅白歌合戦」では、由紀さんとピンク・マルティーニの共演が観られました。(たしか、アメリカからの中継だったと記憶します) 

このアルバムのタイトルに「1969」とついているのは、「夜明けのスキャット」を含み収録曲が「1969年の日本でラジオから流れていた曲をセレクトした」というコンセプトによるからだそうです。1曲目の「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、いしだあゆみさんの大ヒット曲ですが、19681225日発売ですが、オリコンの首位に立ったのは1969年2月10日。そこから9週連続1位を独走したのです。たしかに、ラジオやテレビの歌謡番組でよく聴いたなあ!

他に佐良直美さんが歌い、1969年のレコード大賞を獲得した「いいじゃないの幸せならば」や、1968年発売ですがロング・ヒットとなった黛ジュンさんの「夕月」などが、カヴァーされています。由紀さんのちょっとジャジーな歌唱が本当に素敵で、オリジナルとはまた違う魅力があります。中でも、僕のお気に入りは「ブルー・ライト・ヨコハマ」に続き2曲目に入っている「真夜中のボサ・ノバ」という曲です。ヒデとロザンナさんが1969年に出した「ローマの奇跡」のB面に入っていた曲だそうで、僕も知らなかった曲です。選曲したのは何と、トーマスさんだそうで、こういった知られざる名曲を探しだすってスゴイことです。由紀さんの軽やかな歌唱はもちろん、ピンク・マルティーニの演奏も素晴らしく、本当にこの「1969」は「カヴァー・アルバム」のお手本みたいな1枚です。

こんな名盤を生むきっかけとなったトーマスさんとアルバム『夜明けのスキャット』との出会い、「ジャケ買い」だったというのも面白いエピソードです。由紀さおりさんの、ちょっと和風なお顔立ちのジャケットがトーマスさんの目にとまらなければ、生まれなかったかもしれないのです。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

クイズ「タイムショック」放送開始から50年

このところ当ブログで書いているように、テレビアニメ『サザエさん』が放映を開始したのが50年前の1969年ですが、この年に始まった番組に『タイムショック』があります。残念ながら、『タイムショック』はレギュラー番組としては放映終了していますが、時々「特番」で復活しています。たしか、今年の秋も「50周年記念」と冠して単発の「特番」が放送されたと思います。

1分間で12問というスピード勝負のクイズ、というのが当時の時代感にピッタリハマっていましたね。木曜日の夜、よく観ていました。問題自体は簡単なものなのですが、とにかく答える時間が5秒なので、瞬発力が必要だし、解答席の椅子が高くあがると緊張感もハンパなかったでしょうね。引っ掛け問題みたいなのがたまにあって、「今、何問目?」なんて問いが途中で出されると、たいていの人がパニックになっていました。たしか、加山雄三さんが「パーフェクト」を出したときも、その手の問題が出て、加山さんは「問題が出るたびに指を折って数えていたよ」と乗り切ったことを明かしました。それ以後、その方法で対処する出場者が多くなったと記憶しています。

『タイムショック』といえば、何といっても初代司会者の田宮二郎さんですね。「現代は時間との戦いです。さあ、あなたの心臓に挑戦します!」とストップウォッチ片手によどみなく語るオープニング、田宮さんのクールなカッコ良さが、このクイズのコンセプトによく合っていましたねえ。1969年といえば、既に日本映画は凋落していましたが、まだ「大映」は存続していました。その「大映」のスターだった映画俳優の田宮二郎さんが、テレビのクイズ番組の司会になったのは、1968年に田宮さんは大映をクビになり、当時の「五社協定」のため、容易に他社の映画にも出れず干されていた状況だったからです。藤由紀子さんと結婚(当ブログ2017年4月13日をご参照ください)して、子どももいた田宮さん、家族を養わなくてはいけないのに役者の仕事がなく、地方都市のキャバレーで「歌謡ショー」をやっていたといいます。奥さんの藤さんを社長に発足した個人プロダクション「田宮企画」を作り、フリーになっての初仕事が高松市のキャバレーだったそうです。「歌う映画スター来店!」ということで空港に女性ファンが詰めかけたといいますが、同時代の映画スター、三船敏郎さんや、石原裕次郎さん、かつては『悪名』シリーズの名コンビだった勝新太郎さんなどが自身のプロダクションで映画を製作したり活躍していた時期なので、田宮さんとしては悔しかったことと思います。大スターの彼らとは違って、長年尽くした「大映」からクビになり干されるという仕打ちだったのですから。このとき、田宮二郎さん、33歳。まさに働き盛りのときに仕事の場がなかったのはお辛かったと思います。そうした頃に始めた「歌謡ショー」、定員900名の大型キャバレーはほぼ満席だったといいますから、さすが映画スターの威光です。

そして、映像の仕事としては、「大関酒造」のテレビCMが最初でした。♪酒は~大関~心意気~ という歌で有名ですね。続いて「東京12チャンネル」のドキュメンタリー番組の司会を1クールやり、その後に「タイムショック」の司会のオファーがあったそうです。それまでスター俳優がこういう番組の司会をすることはなかったので、マネージャーは反対したそうですが、田宮さんは即、オファーを受ける決断をしたといいます。とにかく、必死に「田宮企画」を軌道にのせるため、仕事には全力投球だったのです。

そんな田宮さんの司会ぶりもあって、「タイムショック」は人気クイズ番組となりましたが、番組スタートから9年目の1978年9月に司会を降ります。(受け継いだのは、やはり俳優の山口崇さんでした)そして、その年の暮れ、田宮さんは43歳の若さで自らの命を断ってしまうのです。『タイムショック』の司会をしておられるときに既にいろいろ悩んでおられて精神的に不安定だったと言われます。もちろん、司会のときにそんな様子は一切感じさせず、洗練された司会ぶりだったので本当にびっくりしました。

(当ブログ2017年4月27日、28日もご参照ください) (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ